JBVP 日本臨床獣医学フォーラム

日本臨床獣医学フォーラム

お問い合わせプライバシーポリシー

 
JBVPについて 年次大会 地区大会 獣医師向け レクチャーシリーズ 動物看護師向け ご家族向け WJVF
ご家族向け 犬の病気
動物との暮らしを考えるフォーラム
犬の病気
猫の病気
腫瘍性疾患
乳腺腫瘍
【説明】
犬の腫瘍で圧倒的に多いのは乳腺腫瘍である.犬の乳腺腫瘍の発生頻度は10万頭につき198.8頭でとくに雌犬の腫瘍としては最も多い(全腫瘍の半分).発生年齢は10-11歳前後が多い.エストロジェンという卵巣から出るホルモンに支配されて腫瘍が発生するようなので,早くから避妊手術をした雌には発生がなくなる.

【症状】
乳腺部のしこり,大きな固まり,あるいは皮膚の炎症のようにみえるというのが代表的な症状.老犬でこのような症状があったらすぐに検査が必要.すべてが悪性の癌ではないが,悪性のものは早期発見しないと肺などに転移するので,できるだけ小さなうちに病院で正しい診断と処置を受けたほうがよい.

【治療】
予防法としては早期の避妊がある.アメリカでは最近犬の乳腺腫瘍がとても減っているのは雌犬はほとんどが若いうちに避妊手術を受けているからと言われている.すなわち,最初の発情までに避妊手術を受ければ乳腺腫瘍の発生は非常に少なくなるといわれている(危険度はふつうの犬の1/50にも下がる).また最初の発情をむかえても,2回目の発情をむかえるまでに手術を受ければ減らせる(危険度はふつうの犬の1/3以下に下がる).
避妊手術は,乳腺腫瘍以外にも,子宮や卵巣の病気も予防し,発情期に発生するさまざまなトラブルも防止でき,精神的にも行動的にも安定した最良の家庭犬をつくるので,犬の長寿と健康を望むなら,是非とも早期の避妊手術を行った方がよい.腫瘍が発生してしまった場合には手術による切除がすすめられる.もちろん,麻酔前検査として血液を検査し,さらに転移の有無をみるためX線検査も行われる.そして切除した腫瘍は必ず病理検査で悪性であるか良性であるかを診断し,その後の処置を決める.
PageTop

肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ)
【説明】
人間ではみられない腫瘍でおもに皮膚に結節を作る.炎症の際に活躍する肥満細胞が無制限に増殖したものであるが,切除しても再発しやすく,また肥満細胞が出す物質のために,胃を荒らしたり,ショックが起こったり,全身への影響も大きい.まれに内臓の中で増えることがあるが,外からは容易にわからないため診断が遅れることもある.

【症状】
皮膚の盛り上がり,結節

【治療】
広範な切除,ステロイド療法
PageTop

リンパ腫
【説明】
リンパ球の悪性腫瘍で,多くの場合複数のリンパ節が腫れてくる.下顎,肩前,腋窩,膝窩(ひざのうしろ)などのリンパ節は腫れるとわかる.

【症状】
最初はリンパ節の腫れ以外元気であるが,しだいに元気食欲もなくなり,やせてくる.貧血が起こることもある.

【治療】
唯一,化学療法(薬物療法)の効果が証明されている悪性腫瘍なので薬物療法で治療する.寛解も可能である.ただし再発もあるので完治するということはない.しかしながら比較的健康な状態で数カ月から長いものでは年の単位で生存できるので,犬の1年は人間の数4-5年に相当すると考えれば,治療を行う意味も十分ある.
PageTop

肛門周囲腺腫
【説明】
雄の老犬の肛門周囲に発生する腫瘍で良性のものが多い.ただし場所が肛門の周囲なので大きくなったものは切除が難しい.

【症状】
肛門周囲を気にする,出血する,化膿する,ふくらんできたなどが症状.また尾や背部,ペニス周囲にも肛門周囲腺は分布しているので,そのような場所で結節ができることもある.

【治療】
まずもって去勢がすすめられる.これは精巣のホルモンに支配されている腫瘍であるため,去勢が効果的である.肛門周囲については手術が可能な場合には切除も行われる.まれに転移する悪性の癌もあるので,切除後の病理診断も大切.
PageTop

可移植性性器肉腫
【説明】
今でも犬を放している地方にはみられる,癌細胞が犬から犬へ移る病気である.したがってこのような病気が起こること自体,犬の飼い方という点では恥じるべきことである.発生は生殖器周囲,あるいは鼻や口にみられる.

【症状】
ペニスや腟の周囲に赤い色のカリフラワー状の固まりが作られる.同じ様なものが口の中や鼻にみられることもある.一部は内臓に転移してゆくものもある.

【治療】
まずもってその犬と他の犬の接触を断ち,これ以上の癌細胞の伝搬を防ぐ.そして薬物療法が比較的効果があるので,それを行う.まれに薬物の効き目が悪い,突然変異の癌細胞が流行していることもある.
PageTop

皮膚組織球腫
【説明】
1歳以下の若い犬の顔面,頚部,足先などにできる,丸く脱毛して盛り上がったもので,良性の腫瘍である.老犬にもまれに発生することがある.

【症状】
自然に退縮することもあるが,あまり大きくなると手術でとった場合の皮膚の欠損も大きくなるので,できるだけ早期に切除して,病理診断で良性であることを確認するのがよい.
PageTop

黒色腫(メラノーマ)
皮膚の黒色腫は犬の皮膚腫瘍の中では比較的少なく,黒い犬,老犬に多い.頭部,四肢,胸部,腹部,背部に境界明瞭な,ドーム型,黒色の結節ができるものは多くは良性の黒色腫である.切除でふつうは治癒する.しかしながら口腔内や爪床(爪のつけね)に発生するものは非常に悪性で,発見したときにはリンパ節転移がすでに起こっていて手遅れのこともある.
PageTop

血管腫
犬で若齢および老齢にみられる良性の血管を作る細胞の腫瘍.四肢,胸部,腹部,背部,頭部の皮膚に,血マメのような病変ができるものが多い.単純に切除すれば治癒する.またこの悪性型の血管肉腫は9歳以上の犬を中心に発生し皮膚の深いところ,すなわち皮下織から筋層に多くみられる.広範な切除と場合によっては化学療法がすすめられる.また血管腫と血管肉腫は脾臓にも発生し,脾臓が大きくなって腹部が膨満し,苦しむこともある.どちらも脾臓を摘出する.病理検査で悪性とわかった場合には化学療法を行う.
PageTop

扁平上皮癌
皮膚や粘膜をつくる扁平上皮の悪性増殖で,太陽光線による障害,あるいは慢性の炎症などが腫瘍化の引き金になると考えられている.老犬に多く,犬の好発部位は肢端,陰嚢,鼻,肢,肛門である.このような部位で,盛り上がるような増殖性の病変またはびらん性病変が作られる.局所での浸潤性は強いため,広範な切除が必要となる.たとえば下顎にできた場合など,下顎骨をとってしまう必要がある.爪床から発生したものを除き,肺などへの遠方転移は比較的少ないので,局所を早期に大きく切り取ることが重要である.
PageTop

皮膚乳頭腫
皮膚や粘膜を作る扁平上皮の良性増殖したもので,通常はカリフラワー状に盛り上がった病変となる.犬では2つのタイプが知られていて,幼犬にみられる多発型は,パピローマウイルスによるもので,頭部,眼瞼,肢端,口腔に発生する.自然退縮するものが多い.
老犬にみられる単発型は,頭部,眼瞼,肢端,生殖器に発生し,非ウイルス性である.切除すれば治癒する.
PageTop

基底細胞腫
犬で皮膚腫瘍の10%内外を占め,比較的よくみられるものである.6-9歳の犬でみられる.
皮膚の表皮の一番基底部にある細胞から発生する良性腫瘍で,好発部位は頭部,頚部,肩で,皮膚に固着して皮下組織とは遊離した境界明瞭なドーム状脱毛部としてみえる.切除すれば治癒するものが圧倒的に多い.
PageTop

皮脂腺腫
犬では皮膚腫瘍の中で多いもので,皮膚腫瘍の1/3程度を占める.毛包に付属する皮脂を分泌する腺の腫瘍で,通常は良性のものが多い.単独または複数の腫瘤で,直径0.5-3cmの脱毛したドーム状にみえる.切除すれば治癒する.皮脂腺の特殊なものが,眼瞼のマイボーム腺と呼ばれるもので,これも老犬では腫瘍化することがある.これはマイボーム腺腫と呼ばれる.まれに悪性化した皮脂腺癌がみられることがある.局所での浸潤性が強く,炎症や潰瘍をともなう.
転移はまれであるが,局所再発は多いため,広範な外科的切除がベストである.
PageTop

皮内角化上皮腫
良性の表皮由来腫瘍で,若い雄犬に多い.通常は単発性であるが,ノルウェージャンエルクハウンドでは多発することがある.0.5-4cmの直径の隆起した結節状の病変で皮膚表面には穴があいている.内容はチーズ様角化物である.単純切除で治癒する.類似の病変に表皮嚢胞というものがあるが,これは毛包が角化物で充満して拡張したもので腫瘍性ではない.しかしながら多発する場合がある.
PageTop

毛包腫瘍
犬の皮膚腫瘍の約5%を占め,5歳以上に多い.組織像から毛包上皮腫,毛母腫に分けられるが,どちらもほぼ良性で治療法も同じである.毛包上皮腫は背部に多くみられ,境界明瞭な皮内のマスで直径は1-20cmである.皮膚は脱毛または潰瘍化している.毛母腫は境界明瞭な硬いマスで可動性があり,やはり皮膚は脱毛または潰瘍化している.両方とも悪性化はまれで,切除により治癒する.
PageTop

脂肪腫
犬では8歳以上の老犬に比較的多くみられる.皮下の脂肪が無制限に増殖して大きな脂肪のかたまりを作る良性の腫瘍である.雌に若干多い.切除すれば完治するが,心臓がわるいなどの理由で手術が危険なものでは放置することもある.同じ脂肪腫でも四肢の筋肉の中に入り込むタイプのものでは,簡単に切除できないので断脚が必要になることもある.
また,まれではあるが脂肪肉腫という脂肪由来の悪性度の高い腫瘍もある.浸潤や転移がみられ切除できないこともある.
PageTop

血管外膜細胞腫
老犬の四肢,とくに肘やかかとの関節の回りに比較的多い.触診では硬く結節状で,局所で浸潤するため皮膚や内部の関節などに固着している場合がある.切除しても取り残しが多く,再発するとさらに悪性化する.部分的に生検して病理診断を行い治療法を決定するが,広範な切除または断脚が必要である.まれであるが転移もありうる.
PageTop

骨肉腫
大型犬の成長期,または骨折や骨の炎症の後など,とくに四肢の骨に慢性的に負荷がかかって炎症が続いた後などによく発生する骨を作る細胞の腫瘍.転移しやすい悪性腫瘍で,通常は断脚が必要である.
断脚後には必ず化学療法を行う.化学療法は再発や転移を遅らせることができるが,肺転移で死ぬものが多い.
PageTop

精巣腫瘍
精巣腫瘍は雄の老犬に発生し,精細胞腫,セルトリ細胞腫,間細胞腫の3種類があるが,どれも精巣の腫れとしてみえる.また精巣が体内に停滞する陰睾のものに発生が多い.
精細胞腫は精子を作る精母細胞の腫瘍化したもので,潜在的には悪性であるが(悪性の挙動を示すことはないことはない)通常は去勢により治癒する.セルトリ細胞腫は精母細胞を支持する細胞で雌のホルモンであるエストロジェンを生産する細胞の腫瘍である.したがってエストロジェンが大量に出て,皮膚の変化,乳房が雌のようになる,あるいは骨髄での造血がまったくできなくなるなどの重大な影響が出ることがある.
間細胞腫は雄のホルモンを生産する細胞の腫瘍であるが通常良性であり,去勢で治癒する.
PageTop

膀胱移行上皮癌
膀胱粘膜の悪性腫瘍.血尿など慢性膀胱炎の症状が続き,尿を検査すると癌細胞が出ているので発見されることがある.老犬では比較的よくみられる腫瘍である.慢性的な炎症が引き金になっている可能性があるので,膀胱炎は長引かせずに早めに直す必要がある.発生部位によっては膀胱を一部切除することも可能であるが,場合尿道が出て行く部分に発生し,切除できないことが多い.腹腔内に転移することもある.化学療法はあまり効果はない.
PageTop
─
PRINT