JBVP 日本臨床獣医学フォーラム

日本臨床獣医学フォーラム

お問い合わせプライバシーポリシー

 
JBVPについて 年次大会 地区大会 獣医師向け レクチャーシリーズ 動物看護師向け ご家族向け WJVF
ご家族向け 猫の病気
動物との暮らしを考えるフォーラム
犬の病気
猫の病気
好酸球性の皮膚病
好酸球性の皮膚病というと,おそらく一般の猫の飼い主の方にはわかりにくいと思います.好酸球というのは血液の中の白血球の1種で,染色して顕微鏡でみるときに,酸性の色素によく染まることから,酸を好む白血球すなわち好酸球と呼ばれているものです.好酸球は,本来は寄生虫感染に対する防御を行うために体に備えられた白血球で,寄生虫の表面に似た物質,すなわち花粉の一部や,動物の毛の表面などにもよく反応します.したがって,文明の進化とともに人間には寄生虫病がほとんどなくなり,仕事が暇になった好酸球が,いろいろなものに対するアレルギー反応に積極的に参加しているという説もあります.猫ではこの好酸球が皮膚に集まって特徴的な病変を作り,しかもアレルギーと密接な関連が疑われる病気があります.

好酸球性肉芽腫群
これが好酸球性の皮膚病の総称ですが,できればこれからは使いたくない病名です.この名前に「群」という言葉がつけられているのは,これ自体一つの病気ではないというニュアンスです.すなわち,目でみただけでも大きく3つに分類されます. まず口唇(くちびる)に発生する無痛潰瘍というものがあります,これは,くちびるがそげたようになる病気です.ただし「無痛」という言葉は本当にこの病気をよく表してはいません.猫は痛みを感じているはずです.これは英語の病名を日本語に訳す際に別の訳語が与えられてしまったためで,本当は「ゆっくりと進行する」という意味だと思います.ここでは単に口唇の潰瘍と呼んでおきます. 次に,頚部,腹部の皮膚にみられる好酸球性プラークというものがあります.プラークというのは脱毛して湿った,平坦にやや盛り上がった広い部分で,日本語では「局面」と呼ばれます. さらに,後肢の後面などに発生する線状肉芽腫があります.これは名のとおり,線状に盛り上がった病変として発見されます.また線状ではなく,口の奥の舌の上に球状の盛り上がり(結節)として現れる場合もあります.

【 診 断 】
まず病変やかゆみが,ある季節だけ発生するのか,通年の問題なのかを考えます.身体検査で,どのようにみえる病変が,どこに存在するのかは重要な決め手になります.さらに局所から針で細胞を吸引し,あるいは組織の一部を切除して,顕微鏡で検査して,好酸球が多いかどうか,細菌などのよる化膿性炎症ではない,腫瘍ではないなどの所見をもとに診断します.また血液の検査で好酸球が多いというのも,この病気を示す一つの情報です.ただし,ここまでの検査では,好酸球による皮膚の病気があるということがわかっただけで,何が原因なのかははっきりしていません.原因として様々なアレルギーが示唆されているので,できるだけ原因の究明を行うようにします.

【原因の究明】
猫の背中によく発生する痂皮と丘疹(小さな隆起の上にかさぶた)の病変は粟粒性皮膚炎と呼ばれていて,この場所にみられる場合ほとんどが ノミアレルギーといわれています.実は,この病変を切り取って顕微鏡検査すると,好酸球性プラークの小さいものだということがわかります.すなわち粟粒性皮膚炎がいくつもつながったものが好酸球性プラークといえます.そして,粟粒性皮膚炎はその他の部位にも起こることがあり,たとえば耳や鼻のあたまに夏に集中してみられる場合は,蚊に刺されることによるアレルギーといわれています.また,耳の前や頚部などには,好酸球性プラークも粟粒性皮膚炎も食物アレルギーで発生することがあります.さらに口唇にできた潰瘍が,ノミの発生と一致していた,ノミを退治すると病気が消えたという事実もあります.したがって好酸球性の皮膚の病気は,様々なアレルギーによって発生するという考えが,最近では主流になってきています.しかしどのアレルギーでどの病変が出るかというのは特に決まりがないので,これをみたら何々アレルギーとはいえないのです.したがって,猫に多いアレルギーを次々に検討して行く必要があります.

ノミアレルギー
猫の体にノミがいるならば,あるいはノミの糞がみられるならば,まずノミコントロールを行ってみます.これには,猫の体をピレスリンムース,シャンプーなどで処置し,次に環境コントロールも十分行います.大切なことは,環境内の卵,幼虫,さなぎを除かないと,あるいは外に行った場合の再感染を防止しないと,問題のコントロールにならないということです.

食物アレルギー
頭部や頚部の皮膚を中心に激しい痒みを伴った病変を作ることが多く,引っかき傷のため細菌が感染して激しい病変にみえることもあります.診断には猫がこれまで食べたことのないと思われる蛋白質を1種類選び,家庭内で調理して,最大で約2カ月ほど与えてみるのがベストです.もちろん,かゆみや病変はもっと早くとまるかもしれませんが,反応がみられない場合には2カ月間観察を続ける必要があります.魚にアレルギーが疑われたら,ターキーやラムにしてみるのがよいでしょう.ただしこの場合,他には水道水だけしか与えてはならず,余分な調味料も油も使用しなければ,もちろんおやつもいけません.また市販の「低アレルギー食」というのも,単一の成分ではないので,最初の2カ月間は使ってはなりません.これでかゆみと病変がとまるようなら,次に1種類の内容物あるいは市販の療法食を加えて1週間観察し,再発がなければ維持のためのレパートリーに加えて,これから一生の間,このようにして探した安全な食事を食べさせます.

アトピー
アトピーは花粉やハウスダストなどのアレルギー原因物質の吸引による皮膚病で,猫では犬よりも少ないようですが,ノミや食事で解決がつかない場合には検討が必要です.原因物質によって病気が季節性の場合も季節に関係ない場合もあります.猫はかゆみに対して毛をなめて左右対称の脱毛を起こしたり,粟粒性皮膚炎がみられたり,あるいは顔面がかゆくて口唇,鼻,眼周囲をこすったり,好酸球肉芽腫群の病変ができたり多様です.

【 診 断 】
好酸球性の皮膚の病気を消失させるのは,ステロイド注射で可能です.しかし,原因について治療しないと,必ず再発します.したがって,真の治療は,アレルギーの原因を取り除くことでしょう.ノミや食事については比較的これは容易です.しかし,アトピーの原因を特定したり,除いたりすることは必ずしも容易ではなく,様々な痒みを止める薬を使わなくてはならないこともあります.

ノミのコントロール
 暖かい季節になると,人も動物たちも生き生きしてきますが,同じように害虫たちも元気になって,中でもノミと蚊は,動物にとっても人間にとっても大敵です.本格的なノミのシーズンに備え,先手を打ってノミのことをよく知り防御を固めるための講座です.

 ノミによる被害というのは,人間にとっては刺されて痒くなるくらいのものしかないかもしれませんが,動物にとっては重大な影響となることがあります.まず,猫の体の調子が悪いときのことを考えてみましょう.そもそもきれい好きな猫の体に多数のノミが寄生するというのはおかしなことなのです.すなわち,グルーミングをしなくなるほど体調が悪いということが第一に考えられます.そのような猫では毛並みが悪く,黒いつぶつぶのノミの糞がたくさん毛の中にみられます.そんな場合には,なぜグルーミングができなくなったのか,体調はどうなのか,血液や尿の検査,ウイルスの検査などで病気の診断を行う必要があるでしょう.

 そして,多数のノミが寄生した影響としては何が起こるでしょうか.ノミは人間や動物から血を吸って生きているので,非常に多くのノミが寄生していれば,長期間にわたって多量の血を吸われることになります.これは重大な貧血の原因になります.この貧血は,赤血球が失われるだけでなく鉄分の不足も起こるので,鉄欠乏性貧血と呼ばれます.

 ノミが吸血した部分の皮膚には,軽いかゆみが出たり赤くなることがありますし,また激しいかゆみを掻き崩したり,あるいはざらざらの舌でなめて毛が薄くなってしまうこともよくあります.また,もっと大変なのは,ノミに対してアレルギーが起こった場合です.アレルギーはノミの数には関係なく,1匹でも吸血すると,ノミの唾液に対して激しい全身のアレルギー反応が起こります.ノミのアレルギーでは,背中の部分にぶつぶつの皮膚病ができることが多く,同時にノミの糞がわずかでもみられたら,ノミのアレルギーが強く疑われます.さらに唇が潰瘍を起こしてそげてしまう病気や,頚などの皮膚が広く脱毛して大型の湿疹のようになる病気は,一部はノミのアレルギーが関係しています.ノミはまた,条虫(さなだ虫)の蔓延の原因ともなります.これはノミがさなだ虫の幼虫を持っていて,ノミの吸血の時に猫の体内に虫が入るからです.

 ノミの退治はノミの生活を十分理解して,効率よく,そして徹底的に行う必要があります.すなわち,どこにどんな薬を使ったらよいか,どこをどうやって掃除したらよいかというのは,ノミがどんなふうに生活しているのか知らないことには,計画が立ちません.

 まず,ノミは動物の体だけにいるという考えは誤りです.もし猫の体に1匹のノミがいたとしたら,回りの環境中には100匹のノミがいると思ってください.しかし,動物の回りで100匹ものノミが飛び跳ねているわけではありません.実はノミの予備群ともいえる幼虫やさなぎの形で隠れているのです.雌のノミは猫の毛の中に1回に20個くらいずつ,一生に数百もの卵を産みます.それが床に落ちて2日から20日かけて幼虫に発育します.

 卵が落ちる場所というのは,猫がよく寝ている所,飛び降りて着地する所などです.そしてその場所の温度と湿度が良好で,しかも人通りなどが少ない隠れた場所で,直射日光も当たらないという条件を満たすと,幼虫が発育します.幼虫の餌になる成ノミの糞が落ちる必要もあるので,卵が落ちる場所はたいてい発育にも適しているのです.具体的には猫用ベッドの中や下,人間用ベッドの下,畳の隙間などが考えられます.そして温度その他の環境条件にもよりますが,10日から200日かけて脱皮を3回行い,さなぎになります.さなぎからは1週間たてば成虫が出てきますが,場合によっては1年間じっとしていてそれから成虫になることもあります.

 それではノミを退治する場合,どこを狙ったらよいのでしょうか.まず成熟したノミ,すなわち動物の体についているのを退治する必要があります.これは1匹もいなくなるようにしてやらないと,とくにアレルギーの猫では治療効果がありません.動物の体についたノミを瞬間的に,しかも1匹残らず殺してしまうのは,ノミとり櫛でていねいにとってやることも可能ですが根気がいります.この目的にはピレスリンの入ったスプレーが最適です.ピレスリンは天然の除虫菊の成分で,人間にも猫にも一番安全です.ピレスリンは即効性がありますが,効果の持続はないといわれています.しかしながら,現在の製品では,毎日スプレーしなくても,薬効成分がマイクロカプセルから徐々にしみ出すタイプのものがあるので,心配ありません.また猫に使いやすいムースタイプも売られています.このような成虫駆除は同居動物すべてについて行う必要がありますが,たとえ外に出て行く猫でも,この方法ならば効果的です.

 ノミとり首輪や皮膚滴下式の薬もありますが,すぐに成ノミを殺すという点ではピレスリンに勝る効果はありません.したがって補助的に使用するのがよいでしょう.とくにノミアレルギーの猫は,ノミ1匹に吸血されてもかゆみや皮膚病はおさまらないので,ノミが吸血すると薬が効く滴下式の薬では,ノミを減らすことはできてもアレルギーの解決にはなりません.

 次に環境のクリーニングです.猫の寝床は定期的に清掃します.タオル,毛布類はノミの幼虫の繁殖場所になりやすいものです.そして床がカーペットの場合は,毎日徹底的に掃除機をかけます.掃除機のゴミパックは殺ダニ用を使うか,あるいはノミとり首輪の切れ端を入れて使用します.ノミの幼虫の好む場所,すなわち畳の隙間,タンスの隙間など影になったところにはダニ用スプレーまたはダニ用パウダーを散布します.またダニ用パウダーの散布もよいでしょう.

 猫が飲む薬で,昆虫成長阻害薬(インセクトグロースレギュレータ)が入ったものが出ていますが,これは猫についた成ノミより環境中のノミを減らす効果を期待するものです.吸血したときにこの薬を飲んだノミが卵を生んでも,成ノミにまで成長しないので環境中のノミを減らす効果があるのです.

 このようにノミの駆除は,動物の体と環境(家の中)で,別に違う方法で行います.さらにアレルギーという問題を解決するためには,すぐに1匹もいない状態をつくってやる必要があります.

PageTop
─
PRINT