JBVP 日本臨床獣医学フォーラム

日本臨床獣医学フォーラム

お問い合わせプライバシーポリシー

 
JBVPについて 年次大会 地区大会 獣医師向け レクチャーシリーズ 動物看護師向け ご家族向け WJVF
ご家族向け 猫の病気
動物との暮らしを考えるフォーラム
犬の病気
猫の病気
伝染病
必ずワクチン接種をするべき伝染病
猫のかかるウイルス病のうちいくつかは,ワクチンで予防できます.3種混合ワクチン(1つのウイルスについて複数入っているものもあります)は3つの病気を同時に予防できるものです.また後述の猫白血病ウイルスワクチンなども含む多価ワクチンもあります.生まれたての子猫は,ふつう母親のミルクで親譲りの免疫をもらい,離乳する頃まではこれでいろいろな病気から守られています.しかし,離乳するころになると親譲りの免疫は効き目が薄くなり,全くの無防備になりますから,早めに獣医師とワクチン接種の時期について相談し,確実に病気から守られるようにしたいものです.

猫汎白血球減少症(猫伝染性腸炎)

【 症 状 】
猫汎白血球減少症ウイルスという猫のパルボウイルスが原因の病気です.とくに子猫や若い猫が発病しやすくウイルスに感染してから短い潜伏期間で(数日)急に症状が出ます.またきわめて伝染力の強いウイルスが原因なので,同腹の子猫が次から次へと発病することも珍しくありません.最初の症状は元気と食欲がなくなることで,水も飲まなくなり,じっとうずくまった状態になります.このときさわってみると熱があるのがわかるかも知れません.次第に嘔吐が激しくなり,脱水症状がみられるようになります.下痢はあるものとないものがあるようです.激しいものでは血便がみられることもあります.この病気では体が細菌などと戦うために必要な白血球が非常に少なくなるので汎白血球減少症という正式の病名がつけられていますが,白血球がなくなったために,いろいろな病原体に対する抵抗力が一次的に下がります.この時期に脱水がひどくなり,体温も低くなると良くない兆候で,不幸にして助からない猫もたくさんあります.病院では血液の白血球数を調べ,水分,栄養の補給に努め,猫自身の力でウイルスに打ち勝つのを助けるようにします.回復した猫には強力な免疫ができ,終生この病気にはかからなくなります.妊娠中の母親が感染すると,ウイルスは胎盤を越えて胎児にかかり,流産や死産がみられたり,分娩の前後に子猫に感染すると,脳に異常を持つようになることがあります.
【 予 防 】
猫汎白血球減少症のワクチンが猫用ワクチンとしては一番古くからあり,多くの猫が接種をうけ,確実に予防効果がみられています.初年度に早くから遅くまで(通常は16週)何回もワクチンを接種し,さらに6ヵ月齢から1歳齢にかけて追加接種を行った猫は,ほぼ終生に近い免疫ができるとされています.通常は念のため,4歳,7歳というように,3年毎の追加接種が勧められています(WSAVAワクチン接種ガイドライン2015年版).一方では,ワクチン接種を受けない野良猫,捨て猫が屋外で増え続けています.このようなワクチン接種を受けていない猫がいる間は,ウイルスは次々に感染して行って絶えることはないでしょう.したがって家から一歩出れば,そこはウイルス汚染環境です.とくに猫汎白血球減少症の原因となるパルボウイルスは強いウイルスで,人間の靴についてどこにでも行って,そこに無防備な猫がいれば感染してしまいます(洗剤やアルコールでは死なず,ブリーチかホルマリンしか効果がありません).このような恐ろしいウイルスから猫を守るためには,厳重に家の中に閉じこめて玄関にも出さないか,あるいはワクチン接種をすることしかありません.厳重な閉じこめというのは現実的ではありませんし,実際に高層マンションで飼われている猫でも発病があることから,人間が道に落ちているウイルスを運んでしまうことは防ぎようがないと思われます.したがって子猫の時期から正しいワクチン接種を行なうのがベストで,現在健康に暮らしている猫の多くは,そのようにして守られているのです.

猫のウイルス性呼吸器病

1. 猫ウイルス性鼻気管炎

【 症 状 】
猫ウイルス性鼻気管炎の原因ウイルスは猫のヘルペスウイルスで,感染猫のくしゃみ,分泌液などから感染します.このウイルスにかかると3−4日で急に元気・食欲がなくなり,熱も上がります.そして鼻水が出るようになり,くしゃみも激しくなります.目も涙眼になって,結膜炎がおこります.よだれを出す猫もいます.症状が始まってから3−4日で一番病気は激しくなり,通常はその後 1週間位で回復します.子猫ではものが食べられずに脱水や衰弱が激しいと生命に危険もあります.また抵抗力がなくなり,細菌感染が一緒におこると,症状が激しくなったり病気が長引くこともあります.病院では分泌液で汚れた眼や鼻をきれいにして,脱水や栄養不良があればそれを治し,細菌感染を予防・治療して,猫が自分で病気を治して行くのを助けます.一般に急性の経過で病気が終わるのは,猫にウイルスに対する免疫ができるからです.ところがこの免疫がくせ者です.体の中に免疫ができると通常はウイルスは殺されてしまうのですが,ヘルペスウイルスはなかなか賢いウイルスで,神経細胞の中に隠れてしまうのです.人間でもヘルペスウイルスはこのような悪さをして,体の中に居ついてしまうことがよく知られています.隠れてしまったウイルスは,時間が経って猫の免疫が下がってきたときに,あるいは猫がストレスを受けたときに,またのそのそと出てくるのです.一度免疫ができている猫ではすぐにまた免疫が上がるので,このとき症状が出ることはないのですが,困ったことにウイルスを体外に出して,他の猫に移してしまうことがあるのです.ここで症状が出ないということは,外見上どの猫がウイルスを出しているかはわからないということです.ですから,一度この病気にかかった猫というのは,免疫も持っているが,ウイルスも持っている,すなわち感染源になるということを知っておく必要があります.
【 予 防 】
予防の原則は感染源との接触を絶つこと,ワクチンで予防することです.くしゃみ・鼻水・涙眼という症状が出ている猫ならば一目で感染源とわかりますが,問題は前に述べた一度かかって後から無症状のままウイルスを放出するものです.昔はこのウイルスのワクチンがなかったわけですから,現在中年から老年の猫というのは,ほとんどが一度はかかったものと考えられ,その多くがたまにウイルスを放出している可能性があります.
母親が以前この病気にかかったことがあると免疫ができているので,子猫にはミルクを介して親譲りの免疫が伝えられます.したがって子猫は大体離乳までくらいは病気から守られますが,それ以上長続きするものでもありません.離乳の頃母親は,それまでの子育ての疲れがどっと出て,ストレスのたまった状態になります.そうするとウイルスはこの時とばかりに活動をはじめ,鼻の粘膜から外に出てきます.するとちょうど無防備になった子猫にウイルスは移ってしまうのです.このようにしてウイルスは猫から猫へ渡り歩き,猫の集団内にすっかり定着してしまうのです.このように,感染源がはっきりわからない場合,あるいは母と子のようにきわめて近い距離にある場合,感染源を絶つというのは現実的ではありません.そこで,ワクチンでこれから生まれてくる子猫をすべて守って,ウイルスの行き場をなくしてしまおうというのが,新しい予防の考え方です.多くのウイルスというのは,動物の体を離れてしまえば比較的弱いもので,行き場がなくなれば自然に消滅してしまいます.現にこのワクチンが最初に開発されたアメリカでは,動物病院に来る猫のほぼ100%ワクチン接種を受け,最近ではこの病気を見ることもほとんどなくなりました.効果的にウイルスを撲滅するためには,みんなが一致団結して行動を起こすことが必要です.すなわち1頭1頭の免疫ではなく,世界中の猫の集団の免疫を高め,ウイルスが逃げて行く所をなくすことが必要なのです.

2. カリシウイルス感染症

【 症 状 】
猫のカリシウイルスが原因のこの病気はいろいろな症状を引き起こし,一部はヘルペスウイルスによるウイルス性鼻気管炎によく似ているもの,一部は激しい肺炎で子猫が死亡するものなど,いろいろな型があります.これは流行するウイルスの型で病気がそれぞれ異なるためです.これまで知られている型としては,鼻気管炎と似た症状を起こすもの,口の中に潰瘍を作るもの,肺炎をおこすもの,腸で感染してとくに症状は出さないものがあります.感染は他の病猫との接触などによりおこりますが,感染の機会があってから約3日の潜伏期で症状が出ます.発熱,元気・食欲の低下は症状を出す3つの型に共通していますが,その他の症状は多様です.涙や鼻水,結膜炎,舌・くちびる・口の中・鼻の頭の潰瘍,肺炎(子猫がじっとうずくまり呼吸が荒くなったら要注意)のいずれかが見られます.普通は約2週間以内には回復しますが,肺炎をおこしたものでは死亡することがよくあります.回復した猫では免疫ができ,その後症状を見せることはありませんが,ヘルペスウイルスと似てウイルスが長く居座ることがあります.ヘルペスウイルスの場合は潜伏ですが,カリシウイルスの場合は持続感染といって,常にわずかな量のウイルスが体外に出されます.したがってカリシウイルス感染症の場合も一度かかった猫は免疫も持っているがウイルスも持っていて,他の猫に対して感染源となる可能性があることを覚えておきましょう.病院での治療はウイルス性鼻気管炎の場合とほぼ同様ですが,肺炎がひどくなると,最善の努力にもかかわらず命を落とす猫もいます.
【 予 防 】
予防はウイルス性鼻気管炎の場合と全く同じです.ヘルペスウイルスよりもやや強いウイルスなので,環境の消毒にも注意した方が良いかも知れません.洗剤やアルコールではカリシウイルスは死なないので,消毒にはブリーチかホルマリンが必要です.病気のねこのシーツなどは,ブリーチにつけてから洗濯するのがよいでしょう.ねこの3種混合ワクチンにはカリシウイルスも入っていますので,子ねこの時からきちんとワクチンを行っておけば安心です.いろいろな型のウイルスがいても,呼吸器病を起こすタイプのウイルスに対しては,すべて免疫ができます.とくに恐ろしい肺炎からねこが守られるというのは重要なことです.そして,自分のねこにワクチンを受けさせるということは,ねこの集団の免疫を高め,ウイルスに感染する猫を減らし,ウイルスの行き場所をなくすことだということを再認識しましょう.
PageTop

その他のウイルスによる伝染病

猫にはまだまだ恐ろしい伝染病が3つあります.それらは,猫白血病ウイルス感染症(FeLV),猫免疫不全ウイルス感染症(FIV),猫伝染性腹膜炎(FIP)です.これらのウイルスは猫に様々な病気を引き起こし,感染した猫は不幸な運命をたどることが多いものです.


猫白血病ウイルス感染症

【 症 状 】
猫白血病ウイルスという名前から想像できるとうり,白血病の原因となります.
しかし白血病だけでなく,貧血や免疫力の低下,流産,腎臓病などいろいろな病気の原因になり,感染・発病した猫のほとんどは3-4年以内に死亡します.
ただし感染しても治ってしまう猫もたくさんいることを覚えておく必要があります.これは感染したときの猫の年齢と深い関係があります.生まれたてで感染するとほぼ100%が持続感染になります.持続感染というのは常にウイルスが体のどこかで増えている状態をいいます.このような猫は発病しやすくほとんど死んでしまいます.
ところが離乳期を過ぎて感染した場合は約50%しか持続感染になりませんし,1歳以上の猫では10%程度しか持続感染になりません.このような性格のウイルスなので症状といってもひとことでは言い表せません.感染して最初の1-2カ月は,熱が出たり食欲がなかったりというように他のウイルス感染と同じような症状ですが,時に白血球が減ったり,血小板が減ったり,貧血が起こったりして,病院に行くような重い症状を出すこともあります.感染してから大体3-4週で,血液検査が陽性になります.
この時点では,病院では輸血を行ったり,インターフェロンで治療することもよくあります.そして,猫の免疫力が勝てば,その後血液検査は陰性になります.このような猫はもう猫白血病ウイルスには感染しません.ただしかなり長い間,骨髄にはわずかにウイルスが居続けるので,これから1年間は雌の場合,絶対に妊娠はさせないでください.妊娠で免疫が抑制気味になると,ウイルスが活性化する危険性もあるからです.
しかしながらそのうち,ウイルスは完全に消えてしまいます.ウイルス検査が一度陽性になってもあきらめないでください.最初に陽性と出ても,4カ月間はあきらめずに陰転することを祈るべきです.ただし4カ月たってまだ陽性の場合には,持続感染になってしまったと考えられます.
こうなるとウイルスが消える可能性は非常に少なくなってしまいますが,それでもまだあきらめてはいけません.重大な病気はもっと後になってから出るものです. したがって,感染しているというだけでは病気ではないのです.定期的に健康診断を受け,室内飼育を徹底させましょう.ウイルスは唾液の中にでるので,この猫は他の猫に対して感染源になることを覚えておいて下さい.
それからウイルス検査をしていない猫で,直りにくい慢性の病気,常に病気がち,貧血などがみられたらこのウイルスも疑って検査を受けるのがよいでしょう.
【 予 防 】
ワクチンが発売されています.したがって外に出る猫にはワクチン接種が勧められます.また,感染源と接触させないというのも有効な予防法となります.感染した猫は唾液の中にウイルスを出すので,同居していて常になめ合っていれば感染することがあります.家の中に猫白血病ウイルスに感染した猫がいる場合には,他の猫にはワクチンを接種し,部屋を分けたりする必要があるでしょう.外にいる野良猫は感染しているものはそう多くなく,また弱いウイルスなのですれ違った位で感染する心配はありませんが,やはり危険はあるので抵抗力の弱い1歳未満の猫の外出は,ワクチン未接種では注意した方がよさそうです.人間や犬への危険はありません.治療としてウイルスを打ち負かす治療法はありませんが,この感染症のいろいろな病気の場合,ウイルスは裏で暗躍しているだけで,現在の重大な病気には直接関係していない場合も多いのです.ですからリンパ腫や白血病があれば化学療法を行いますし,激しい細菌感染があれば抗生物質の投与を行います.

猫伝染性腹膜炎

【 症 状 】
病気を起こす性質が弱い腸コロナウイルスというものが非常に蔓延していますが,運悪くある猫の体内でこれが突然変異を起こすと,病気を起こす力の強い猫伝染性腹膜炎ウイルスになります.したがって猫伝染性腹膜炎ウイルスが猫から猫へ伝染するのではなく,コロナウイルスの蔓延が根本的な原因なのです.猫伝染性腹膜炎(FIP:エフアイピーと読みます)という名前がついていますが,病名の通り腹膜炎を起こすものが一番多いながらも,他の病気が起こることもあります.腹膜炎が起こると腹に水がたまり,腹部が膨らんでぶよぶよした感じになります(ウェットタイプ).同時に元気,食欲はなくなり,熱の為にぐったりすることもしばしばあり,体全体としては痩せてきます.また下痢が続くこともあります.また肝臓や腎臓が悪くなることも多いので,全身的に重い病気になりやすいものです.同じ様な病気が胸に起こると,胸膜炎となり,胸水が溜って肺が圧迫され,呼吸が苦しくなります.別の型では腹膜炎は起こらずに腎臓や肝臓にに硬いしこりができ機能障害が進行するものもあります(ドライタイプ).さらに同様の病気が脳に起こると,麻痺などの神経症状が出ます.また眼に炎症が起こって,濁ってくる場合もあります.一般に,発病した場合はその後徐々に病気は進行する傾向にあり,死亡率は非常に高いとされています.特に貧血と衰弱が進み,神経症状が出ていると最悪で,治療の望みはありません.
【 予 防 】
猫が集団で生活している場所には必ずといってよいほど腸コロナウイルスは蔓延しています.したがって多くの猫が腸コロナウイルスに感染するのですがそれだけでは発病しないのです.感染しても90%以上の猫はウイルスを自分の力で殺してしまい,いつの間にか感染は終わってしまうのです.それではなぜ一部の猫が発病するのかというと,これが猫の体内でのウイルスの突然変異なのです.多分ストレスや他のウイルス感染,その他のファクターが一緒になって突然変異が起こり,その上ウイルスに対する激しいアレルギー反応が起こって発病するのだと考えられています.したがって,いかに突然変異を起こさせないか,いかに免疫系のバランスの崩れであるアレルギー反応を起こさせないか,これが今後の予防の課題です.コロナウイルス感染を完全に防御できるワクチンが現時点ではない以上,猫を守るのは非常に難しいのです.ただし家の中で1-2頭で飼っている猫ならば,コロナウイルスとの接触は避けることができるかもしれません.これまでの研究によれば,コロナウイルスに汚染されていない猫では絶対にFIPは起こらないのです.4週齢の離乳の時期に子猫達を大人の猫から離せば,コロナウイルスフリー(抗体検査陰性)の子猫を作ることができるといわれていますが,これも100%確実ではありません.ただしブリーダーさんがこのような子猫を供給できたとしても,ショップで他の猫と一緒になればまた感染の可能性があるので,できればコロナウイルスフリーにしたブリーダーさんのところに行って,直接猫を譲ってもらうのがベストかもしれません.発病した猫の治療は,本当に有効な方法がまだ見つかっていないので,症状を和らげる対症療法が主体となります.というのも,猫の体内のウイルス自体を殺す薬はないし,またどのようにして発病するのか不明な点が多いからです.したがって病気の進行を遅らせ,猫の不快感をある程度改善する効果は期待できますが,完治の為の治療ではないことを理解して下さい.獣医師は全身状態を評価した上で,治療が可能かどうか判断します.現在ではインターフェロンによる治療も試みられています.現在行われているFIP抗体検査は,本当にFIPウイルスに感染しているかどうかを検査するものではありません.単にコロナウイルスと接触があったかどうかがわかるだけのものです.高い値がずっと続いているのはもちろんよいことではありませんが,健康状態はよく,抗体が下がって行く傾向がある場合には,コロナウイルスの感染が終結に向かっているとも考えることが可能です.

猫免疫不全ウイルス感染症

【 症 状 】
人間やサルのエイズウイルスと同類のウイルスによっておこる様々な慢性疾患が特徴です.病気が進行して末期にはエイズと考えられる症状を出す猫もありますが,人間のエイズとは似ていても別の病気であり,ウイルスも別のものです.人間のエイズウイルスが猫に感染したり,猫のこのウイルスが人間や犬に感染することもありません.ウイルスは猫同士の接触により感染するようで,ほとんどの場合唾液を介して咬み傷から感染する模様です.感染源はおそらく屋外を自由に歩き回っている猫のようです.これまでの調査では,外に出ない猫ではまず感染が見つかっていませんが,わが国では外に出ている猫が多く,しかも野良猫・捨て猫を含めて猫の密度が高いので,おそらく世界中でも異常に高い感染率ではないかと思われます.感染すると最初の1年間位は,リンパ腺が腫れたり,軽い下痢が続いたり,細菌感染などを繰り返しますが,そのうち症状がなくなることが多く,外見上はふつうの猫と区別がつきません.それから数年してだんだん慢性の病気が進行します.病状の進んだ猫で一番多い症状は口内炎です.口の中に潰瘍ができたり,歯肉が盛り上がったりして,口臭,よだれが目立ち,餌をたべる時に痛がります.また何でもない傷が化膿したり,眼や鼻からいつも分泌液を出していたり,あるいはやせ細ったり下痢や熱が続いたりすることがよくあり,病気に対する抵抗力の減退が特徴です.感染していながらかなり長生きするものが多いのも事実です.ただいろいろな病気が起こるので,統計的には感染していない猫よりも死亡率が高く,平均寿命も短いでしょう.このウイルスに感染していること=エイズではないのです.発症していないものは無症状キャリアーと呼び,発病猫とは区別しています.軽い発病だけがみられるものも多くあり,このようなものはエイズ関連症候群と呼ばれます.病気がひどくなって,いわゆるエイズの基準を満たすもののみがエイズと診断されるので,それほど比率は高くありません.エイズの時期に入る前ならば,現在の状態次第では治療法も考えられます.したがって救いが全くないわけではないのです.ただし,ウイルス自体を攻撃する治療法は現在のところありません.まず,現在発病していなければ,小さな問題が生じるたびに正しい対症療法を行ってゆけば,これから先かなり生きられるのではないかと思われます.また発病していても,症状にもよりますが,抗生物質などで治療可能のものもあり,実際に治療によってその場は命をとりとめる場合もあるのです.猫免疫不全ウイルス感染症は急性の感染症ではないので,若い猫が急に死亡するようなことはあまりありません.感染しているかどうかは血液の検査でわかります.
【 予 防 】
ワクチンがありますが,効果については100%確実とはいえないし,家の外にいる健康な感染猫は強力なウイルスを持っていることが多いので,猫を外に出さないことだけが100%完全といえる予防法です.けんかの傷からの感染が多いので,家の回りに猫がそれほど多くなく,けんかをしない猫ならば少しはリスクは低いでしょう.猫のけんかは,縄張り争いや雌をめぐっての争いなので,やはり猫が多ければけんかになります.感染した猫は家の中でストレスを避けた飼い方をすれば,寿命も延びるかもしれません.感染した猫と感染していない猫がいる場合には,できるだけ接触は避けるべきです.
PageTop
─
PRINT