JBVP 日本臨床獣医学フォーラム

日本臨床獣医学フォーラム

お問い合わせプライバシーポリシー

 
JBVPについて 年次大会 地区大会 獣医師向け レクチャーシリーズ 動物看護師向け ご家族向け WJVF
年次大会 年次大会のお知らせ
─
2018年
記念大会のお知らせ
2019年
年次大会のお知らせ
過去の大会報告
第20回 日本臨床獣医学フォーラム記念大会2018
 
[ 日 程 ] 2018年9月28日(金)・29日(土)・30日(日)
[ 会 場 ] ホテルニューオータニ(東京都千代田区紀尾井町)
[ 参加人数 ] 獣医師 2,595名,VN・トリマー 1,356名,学生 552名,市民 851名
計5,354名
※この人数は参加延べ人数ではなく、参加登録者数です.
[ 協賛企業 ] 協賛企業・協力団体 1500名
プレス取材参加者数48名
[ 参加総数 ] 合計 6,902名
[代表コメント] 今年は,最後に台風が近づき,首都圏の交通網の計画的運休が発表されるなど,思わぬおまけがついてしまい,展示会場の終了時間をわずかに早めたことが唯一残念ではありましたが,プログラムは最後まですべて行われ,いつも通り熱気に包まれた大会でした.そして,来年のFASAVA2019としての開催を見据えて,展示会場はさらに豪華な展示が目立つようになっていました.本年も,獣医師,看護師向け学術プログラムに加えて,トリマープログラム,市民プログラム,そして市民参加型体験プログラムなど多彩なプログラムが組まれ,皇太子殿下ご家族も市民プログラムに参加され,本当に楽しそうなご家族の笑顔を見せていただきました.来年の大会に向けて各種の実験を行ってきましたが,それをもとに,とても有意義な大会を計画しようと思います.そして来年の大会では,FASAVA2019の部屋は基本的に英語講義で日本語,その他の言語への同時通訳,また従来通りのJBVPの部屋は日本語講義あるいは英語講義で日本語逐次通訳が基本となりますので,これまで通り安心して講義を聞くことができ,さらにこれまで以上に世界中からの有名講師の講義が大幅に増えるという国際大会ならではのメリットがあります.また会期はプレコングレスや開会式を含め水,木,金,土,日の5日間となることで,聴講できる講義の選択肢も非常に多くなります.夜はソーシャルプログラムが目白押しで,アジア各国の獣医師との素晴らしい懇親の機会となります.是非ともアーリーバードで割引料金での登録をお勧めします.
一般社団法人 日本臨床獣医学フォーラム 会長 石田卓夫
[ お問合せ先 ] 日本臨床獣医学フォーラム年次大会事務局
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-21-5 ミサワビル2F
TEL:03-3355-3979
FAX:03-3355-6787
E-mail:info@jbvp.org ※最新情報は随時ホームページにて更新していきます。
PageTop
─