JBVP 日本臨床獣医学フォーラム

日本臨床獣医学フォーラム

お問い合わせプライバシーポリシー

 
JBVPについて 年次大会 地区大会 獣医師向け レクチャーシリーズ 動物看護師向け ご家族向け WJVF
ご家族向け 犬の病気
動物との暮らしを考えるフォーラム
犬の病気
猫の病気
内分泌の病気
クッシング症候群
【原因】
クッシング症候群とはコルチゾールというホルモンの過剰に伴う様々な症状がみられる状態を総称的にさすもので,実際に副腎機能が高まった状態の自然発生クッシング症候群と,副腎皮質ホルモンを薬として過剰に投与した場合の医原性クッシング症候群がある.これらは症状が非常ににているが病気の本質は全く違う.すなわち自然発生の病気では副腎は下垂体からのホルモンの影響で大きくなっていたり,あるいは腫瘍化して大きくなって本当の機能亢進があるが,医原性では実際の副腎は萎縮して機能は低下している.

【症状】
クッシング症候群は医原性も自然発生も,犬では比較的よくみられる病気である.犬の自然発生クッシングの好発品種は,プードル,ダックスフント,ビーグル,ボストンテリア,ボクサーで,発生は大体8歳以上が多い.医原性はどのようなものにもみられるが,アレルギー疾患などで長期に副腎皮質ホルモンを投与されていたものに多い.多食,多飲多尿はほとんど常にみられる症状である.その他ポットベリーといってビール腹のようになるものが多い.ただし飼い主は単に肥満とみることが多い.あわせて体幹に左右対称の脱毛がみられるがこれも単なる老年性変化と考えられてしまうことが多い.筋の脱力のためにジャンプや階段登行が困難になったり,無気力になる.これらの症状は医原性でも自然発生でも同じなので,クッシング症候群が疑われたら様々な検査が必要となる.

【治療】
医原性のものは,徐々に副腎皮質ホルモンを休薬するようにする.自然発生とわかったら,こんどは様々な検査で下垂体に異常があるのか,副腎が腫瘍化しているのかを決定する.そしてそれぞれに合った薬物療法,あるいは手術を行うことがある.ただし現段階では犬の下垂体の手術は行われていないので,真の原因をたたく療法が行えない.副腎腫瘍が良性の場合には摘出で治療効果も望めるが,悪性の場合には腹腔内やその他に転移するので手術自体が不可能な場合も多く一般に予後は悪い.
PageTop

副腎皮質機能低下症(アジソン病)
【原因】
副腎からのホルモン分泌が減少することによる各種の異常を含む症候群である.病因は原発性(副腎自体が異常)と二次性(他の器官の異常に続いて起こる)に分けられる.原発性副腎皮質機能低下症は副腎の破壊による疾患で,破壊の原因としては自己免疫疾患,感染症,出血,悪性腫瘍などがある.またクッシング症候群の治療に用いる薬物も副腎を破壊することがある.二次性副腎皮質機能低下症では下垂体または視床下部が腫瘍,創傷,炎症などの原因により破壊され,副腎を刺激するホルモンの分泌が低下して,副腎が萎縮する.また医原性クッシング症候群も,症状は一見副腎皮質機能が高まったようにみえるが,副腎自体は萎縮しているので本質的には副腎は機能低下症である.

【症状】
犬では比較的まれな疾患ではあるが,原発性疾患の発生は幼若から中年(2カ月-9歳齢,平均4.5歳)にかけてみられ,雌(76%)においてよくみられるが,これは犬の免疫介在性疾患の特徴を反映しているものと思われる.犬種,体型による差異はないといわれている. 症状としては,食欲減退,嘔吐,腹痛,体重減少,ぐったりしている,血糖値が下がって急に倒れる,脱水などが代表的である.最初はよくなったり悪くなったりする経過が特徴で,ストレスがかかったときに発症しているが,副腎皮質の90%以上が破壊されてから激しい症状が起こり,平常時でもホルモン不足による症状がみられるようになる.

【治療】
虚脱(ぐったりしている)で来院する場合も多く,診断を確定してから治療を行うのでは手遅れになるので,ほとんどの場合緊急治療を行いながら検査を行う.すなわち虚脱で動物が来院した場合には直ちに静脈内の点滴の準備をして,採血して血液検査,血糖値や電解質の測定を行う.そして低血糖で副腎皮質機能低下症が疑われたら,副腎を刺激するホルモンを注射して副腎が機能しているかどうかの検査を行う.ただしこの検査結果はすぐには出ないので,治療を通常は進めてしまう.この場合よくみられる異常は脱水と電解質(ナトリウムやカリウム)の異常なので,別に診断が決まっていなくても,それらに対する正しい処置とホルモンの補給を行えば,適切な救命処置になる.しかしながらかなりの集中治療となるので入院は必要であろう.食事や飲水ができるようになり窮地を脱したら,ホルモンの補給を続けて行く.
PageTop

甲状腺機能低下症
【原因】
犬の甲状腺機能低下症の95%以上は甲状腺自体の病気によるものとされている.その原因として,免疫による甲状腺の破壊,または原因不明の甲状腺の萎縮が知られている.甲状腺組織の破壊または萎縮が75%を越えると臨床症状(以下参照)が発現する.

【症状】
中年(4-10歳)の中型犬,大型犬に多く,トイ種,ミニチュア種には稀である.好発犬種はグレートデン,オールドイングリッシュシープドッグ,ドーベルマン,ダックスフント,アイリッシュセッター,ミニチュアシュナウザー,ゴールデンレトリバー,ボクサー,コッカスパニエル,エアデールテリアとされている.これらの犬種では遺伝性の自己免疫疾患が起こるようである.雌雄差はないようであるが,雌では通常の雌犬よりも避妊済みの雌の方で甲状腺機能低下症が多い.甲状腺機能低下症はどんな病気にもみえるといわれているほど,症状は多岐にわたり,またはっきりしないものも多い.要は全身の代謝に重要な甲状腺ホルモンが出なくなるために,症状は全身にわたる.ボーっとしているとか,動きがにぶいなどは本症を疑う重要な所見になる.最も多くみられる外観上の変化は,皮膚および被毛の変化である.脱毛がみられることが多いが,クッシング症候群でみられるような顕著な体幹の左右対称の脱毛はむしろまれで,局所性のことも非対称性のこともある.ラットテイルと呼ばれる尾の脱毛もみられることがある.また被毛は容易に抜け,再生も遅い.残っている被毛は細いものが多く,もろく,パピーコートと呼ばれる子犬の被毛の外観である.さらに色素沈着(黒色化),肥厚や脂漏症を伴うことも多い.脂漏症は乾性の場合も湿性の場合もある.また顔面に水腫とよばれる水がたまった状態が起こると悲しみの顔あるいは哀れな顔と称される特徴的な外観になる.皮膚や外耳の再発する感染症もよくみられる.

【治療】
診断は甲状腺ホルモンの測定だけでは難しいため,追加の検査も行われることが多い.すなわち真の甲状腺機能低下症で甲状腺ホルモンが低いのか,他の病気によりホルモンが低値を示しているのか鑑別が必要である.甲状腺機能が正常であっても,老齢,飢餓,手術や麻酔処置後,糖尿病,クッシング症候群,アジソン病,腎疾患,肝疾患,ジステンパー,各種皮膚炎,全身性感染症,脊椎板疾患,免疫介在性溶血性貧血,心不全,リンパ腫などで甲状腺ホルモンは低下する.このようなものに甲状腺ホルモンの補給を行っても,病気の治療とはならない.追加検査で甲状腺機能低下症がほぼ間違いのないことがわかったならば甲状腺ホルモン製剤を投与して,治療への反応をみる.行動は普通1週間で改善されるが,皮膚や被毛の変化の改善には6週間の観察が必要である.改善がみられているならば,次に用量の調節を行って,ホルモン補給療法を続ける.
PageTop

糖尿病
【原因】
糖尿病とは,血糖値を制御するホルモンであるインスリンが不足したり作用できないために起こる代謝の異常で,とくに糖を正しく利用できなくなり,常に高い血糖値と糖尿(尿の中に糖が出る)を特徴とする.犬の糖尿病はほとんどが,膵臓の異常によってインスリンが出ていないタイプであり,インスリン依存性糖尿病と呼ばれる.

【症状】
犬での発生頻度は猫同様に比較的高く,1/100から1/500という数字が報告されている.犬では糖尿病は4歳位の若いものから老齢犬までにみられているが,発生のピークは中年以降(7-9歳)である.犬種好発性はあるが,よくみかける犬種では発生が比較的少ない.ミニチュアピンシェル,プードル,ダックスフント,ミニチュアシュナウザー,ビーグルでは他の犬種よりもみられることがやや多いかもしれない.多くのものが多飲多尿や多食,体重減少といった典型的な症状を示す.糖尿病の動物では体重減少や削痩が典型的といわれるが,肥満で糖尿病ということもあるので,定期的な健康診断は重要である.また進行したものでは,糖尿病性ケトアシドーシスとなり様々な重篤な症状がみられるようになる.ケトアシドーシスを疑う所見としては,虚脱(ぐったり),脱水,呼吸が速い,嘔吐がある.糖尿病の進行に伴い,白内障(目が白くにごる)がみられることがある.

【治療】
糖尿病性ケトアシドーシスで緊急の場合には入院による集中治療が必要である.点滴やインスリンの注射で危機を脱したら,通常のインスリン療法が行える.インスリン療法にあたっては,使用するインスリンのタイプ,量,回数などを調節するためにたびたび検査が必要になる.正しいインスリン量などが決まったら,家庭内でインスリンの皮下注射を行う.あわせて正しい食事療法も必要である.口から飲む薬で血糖値を下げるものがあるが,犬ではほとんどがインスリン依存性糖尿病と呼ばれるタイプなので,このようなものは無効であることが多く,ほとんどの場合インスリン療法を必要とする.
PageTop
─
PRINT