JBVP 日本臨床獣医学フォーラム

日本臨床獣医学フォーラム

お問い合わせプライバシーポリシー

 
JBVPについて 年次大会 地区大会 獣医師向け レクチャーシリーズ 動物看護師向け ご家族向け WJVF
ご家族向け 犬の病気
動物との暮らしを考えるフォーラム
犬の病気
猫の病気
骨と関節の病気
骨盤骨折
【原因】
犬の骨折のなかでも多くを占め,交通事故など外部からの力によるものが圧倒的に多い.通常は複数の骨が骨折している.

【症状】
後肢をひきずる,歩行ができないなどの運動障害がみられ,あわせて排尿,排便の障害もみられることが多い.したがって,椎間板の疾患ときちんと診断して区別する必要がある.

【治療】
レントゲン検査で確認し,あわせて骨盤腔内の臓器の異常,その他内臓の異常を確認し,あまり障害が激しくない場合には固定とレストのみで治療し,激しい骨折の場合には手術を行う.
PageTop

股異形成(股関節形成異常)
【原因】
大型犬の成長にともない,股関節の発育が正常についてゆけないことにより起こる異常で,発育途上にみられる場合と,成犬で慢性的にみられるものがある.遺伝性の疾患と考えられている.

【症状】
幼犬では急に歩行困難になったり階段歩行ができなくなったりする.しかし1歳齢までに外見上治ってしまったようにみえることも多い.一見治ったようにみえても,歩くときに頭が下がっているのは前肢で体重を支えている証拠であるし,またぎくしゃくした歩様であったり,左右の歩幅が違っていたりする.成犬にみられるものも若いときからの異常を引き継いでいるものと考えられるが,筋肉が十分関節をサポートしている時には症状はでなかったものが,あるとき跛行や痛みを示すようになる.

【治療】
ほとんどの場合手術が行われる.非常に大型の犬では,全股関節置換術とよばれる人工関節への交換が行われる場合もある.
PageTop

レッグ・カルベ・ペルテス病
【原因】
大腿骨の頭への血液供給が悪くなり壊死してしまう病気で,小型犬の1歳未満の若いものによく起こる.大腿骨が成長する時期に関節周囲の構造に炎症が起こり,血液供給の悪くなった大腿骨頭は骨がちじみ変形して,股関節をつくる骨盤の骨と形が合わなくなる.これによって痛みが生じる.

【症状】
悪い方の後肢を上げていることが多い.そのため歩様は3本足でぎくしゃくしたものになる.症状が進むと筋肉の萎縮も起こる.

【治療】
跛行がたまにしかみられない場合には保存療法で手術なしで治療するが,痛みや跛行のあるものでは手術で治療する.早期に治療しないと3本足歩行の癖がついてしまうことがある.
PageTop

膝蓋骨脱臼
【原因】
膝のおさらといわれる膝蓋骨が内側や外側に脱臼して(溝からはずれて),歩行困難などの運動障害に加え,悪い方の後肢がねじれてしまう.多くはトイ種,ミニチュア種,超大型犬種に遺伝的に起こる内側への脱臼であるが,老齢のトイ種,ミニチュア種では外方への脱臼もみられることがあり,さらにけがが原因で発生する場合もある.

【症状】
内側への脱臼の軽症のものでは急いだときに2-3歩悪い足を上に上げるといった程度であるが,重度のものでは常に膝を曲げて,ほとんど前肢だけで歩くものもある.外側への脱臼では,たまに軽い跛行がみられるものが多い.ただし急に脱臼して,膝の曲がりが元に戻らなくなるものもある.

【治療】
多くの場合,膝蓋骨がはずれにくくなるような手術を行う.小型犬は痛みがあると足を使わないで歩行する癖がついてしまうので,筋肉が萎縮することが問題である.したがって早期の手術と物理療法によるリハビリテーションが重要である.
PageTop
─
PRINT