JBVP 日本臨床獣医学フォーラム

日本臨床獣医学フォーラム

お問い合わせプライバシーポリシー

 
JBVPについて 年次大会 地区大会 獣医師向け レクチャーシリーズ 動物看護師向け ご家族向け WJVF
ご家族向け 犬の病気
動物との暮らしを考えるフォーラム
犬の病気
猫の病気
皮膚病
アトピー
【原因】
空気中のアレルギー起因物質(アレルゲン)を吸入して起こる,皮膚のかゆみを主体とする病気で,原因となる物質としては,人間同様,花粉,ハウスダスト,ハウスダスト中のダニなどが知られている.なぜアレルギーを起こすかははっきりとわかっていないが,アレルギー反応の原因となるIgEと呼ばれる免疫抗体を異常に作りやすい素因があるものと思われる.雄よりも雌に多く,アトピーが起こりやすい犬種も報告されている.アトピー好発犬種はアイリッシュ・セター,ダルメシアン,ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア,ラサ・アプソ,ワイヤーヘアード・フォックス・テリア,ボストン・テリア,スコティッシュ・テリア,ミニチュア・シュナウザーなどである.

【症状】
多くの場合,1歳から3歳の若い犬で痒みがはじまる.体をかく以外にも,足先をなめる,顔や眼の回りをこするなども痒みの表現である.また多くは耳の中の痒みや外耳炎も持っている.何も皮膚病を持たない部分をいきなりかゆがるのが特徴であるが,かきこわしたり,慢性的になめたり掻いたりして,皮膚が赤くなったり,厚くなったり,黒くなったりすることもある.また引き続いて皮膚の細菌感染(膿皮症)や,皮膚がかさかさしたりべとべとしたりする脂漏症が起こることもある.痒みは夏だけというように季節性の場合もあれば,最初から季節に関係なく通年かゆい場合もある.

【治療】
治療に先立って,しっかり診断をつける必要がある.アトピーの診断は問診と身体検査を中心に行われるが,痒みの他の原因,すなわち細菌感染,外部寄生虫,食物アレルギーやノミアレルギーと区別することが重要である.ベストの治療法はアレルゲンが特定できたならばそれを避けることであるが,特定できないことや避けきれないことが多い.しかしながら,痒みは一つだけの原因で起こっていることはまれなので,いくつもの原因を除くことで,治療効果も期待できる.細菌感染や寄生虫感染があれば治療し,被毛をシャンプーによって清潔に保ち,脂漏症があればこれもシャンプーでコントロールする.さらに民間療法として古くから知られているオートミール入りの冷水浴も痒みの抑制に効果がある.直接的な痒みの抑制には抗ヒスタミン薬が使われる.ステロイド剤は痒みに効果が高いが,副作用も強いので,使うならば短期間だけの使用がすすめられる.皮内反応という方法でアレルゲンを特定して,それを継続的に注射する減感作療法というものもあるが,今後人間のアレルギー専門医との協力で,その土地に多いアレルゲンを選んで,注射法を犬用に改良すれば使えるようになるだろう.現在はあまり一般的には行われていない.
PageTop

食物アレルギー
【原因】
市販のペットフードなどに含まれる種々の物質に対するアレルギー反応で起こる皮膚の痒みあるいは下痢が食物アレルギーで,食事の中に含まれる成分としては蛋白(たとえば牛肉,鶏肉,豚肉,魚,馬肉,卵,大豆など),炭水化物(小麦,トウモロコシ,オートミールなど),着色料,味つけ,防腐剤のような添加物すべてが考えられる.

【症状】
発症は1歳齢未満から3歳齢までに集中し,ラブラドール・レトリーバー,コッカースパニエル,ゴールデン・レトリバー,ジャーマンシェパードなどに比較的多くみられる.かゆみまたは下痢が主な症状である.まれにてんかん様の発作がみられる場合もある.である.しばしば食物アレルギーによって痒みが出る場所は耳である.したがって,再発する外耳炎がみられる場合には,食事の検討もよく行われる.痒みは問題の初めから非季節性であり,慢性的に徐々に悪化してくる.かゆみが発現するその他の身体部位としては,肢端,鼠径,腋窩部,顔,前胸部がある.

【治療】
治療に先立ち食物アレルギーという診断を確定する必要がある.まず犬に低アレルギー性の食事を食べさせてみる.低アレルギー食の調製は,犬が一度も食べたことがない蛋白と炭水化物で行う.この場合市販のフードは,たとえ低アレルギーと書いてあっても絶対に使用しない.犬用として最もよいと思われる低アレルギー食は,油や調味料を使わずに家庭内で炒めラム肉とポテトの1:1の混合であり,かゆみまたは病変がこのような食事で消失したならば食物アレルギーと考えられる.多くの犬では比較的早くかゆみが消失するが,一部のものはかなり長くかかって痒みが消失する場合もあるので,痒みが消えるまで最大10週間はがまんして観察する必要がある.さらに以前に与えていた食事を再開して,1週間のうちにかゆみまたは病変が再発すれば因果関係が決定的に証明される.なお,低アレルギー食試験の期間中,犬の口に入れてよいものは,家庭調理の食事と水だけである.チュワブルのビタミンミネラル製剤も,人間用の食事も,チュワブルのトリーツも,チュワブルのフィラリア予防薬も与えてはならない.そして次に低アレルギー食に,1種類ずつの新しい食品を加え,大丈夫な食品やフードを探して行く.痒みの出る食品はリストアップして永久に使わない.このようにして,アレルギー反応を起こさせる成分を含んでいない市販のフードを探し出すことが可能である.
PageTop

ノミアレルギー
【原因】
ノミの唾液成分に対するアレルギーで皮膚に痒みや病変がみられる.犬種好発性,性差はなく,ノミのみられる地域の犬では非常に多くみられる皮膚病である.またアトピーの犬はノミに対してもアレルギーを持つことが多い.

【症状】
6カ月齢以下で発症することはまれであり,多くは3-5歳で痒みがはじまる.かゆみをともなう病変は,痂皮をかぶった丘疹(上にかさぶたのような皮をかぶった小さなふくらみで粟粒性皮膚炎とも呼ばれる)は,体の後半の背中側,腹部あるいは後肢に集中してみられる.

【治療】
ノミを1匹もいなくする以外に治療方法はない.
ステロイドによる治療は一時的な痒みの抑制にはある程度効果もあるが,夏中大量のステロイド投与を行う訳にもいかないので,ノミ退治が絶対に必要である.とくにノミアレルギーでは,1匹でも刺されるとアレルギーが続くので環境中のノミコントロールが重要である.ノミは,動物の体に1匹いると環境には100匹いると考えられる.すなわち,動物の体の上で生まれた卵が環境に落ち,そこから発生した幼虫はノミ成虫の糞などを食べて成長し,さなぎになって長く存在した上で,人間や動物がくるとすぐに成虫になって刺す.
したがって,1匹のノミが100個もの卵を生むので,動物の体だけで駆除しても1/100の駆除でしかない.コントロールは動物の体と環境を一緒に行う.動物の体は1週間1回,ピレスリンを含有した持続性ノミとりスプレーやノミとり粉,あるいはシャンプーで処置し,弱ったノミはノミ取り櫛でとって石鹸水や熱湯につける.このとき卵を持っているかもしれないのでノミはつぶさない.ノミ取り首輪はあまり効果は高くないのであくまでも補助的に使う.
スポット滴下薬はノミが刺して効果が出る薬なのでアレルギーには勧められないし,他の方法を行う限り不要である.環境コントロールとしては,最低週に1回のバキュームクリーニングを行う.掃除機のバッグは殺ダニ用を使うかまたはノミ取り首輪を入れる.この場合ノミ幼虫のいそうな所を集中的に掃除する.これは,動物がいつも過ごす所の周囲,動物が飛び降りる所の周囲で,直射日光は当たらない陰の場所で人通りも多くない所である.
したがって,人間用ベッドの下や動物のベッドの周囲を集中的に行う.クリーニング後ダニスプレーをまく.アメリカでは昆虫成長阻害薬(IGR)入りのスプレーもペットショップで売られている.さらに口から飲むIGRが日本でも発売されている.これは血中に入った薬をノミが吸血することによって取り込み効果が出るものである.その結果動物の体についたノミから生まれたものは成長できないので環境中のノミは減少すると言われている.
PageTop

脂漏症
【原因】
様々な原因で皮膚の異常増殖が起こり,ふけの多い乾燥した皮膚になったり,あるいは油性にべとついた皮膚になるものが脂漏症で,おそらく家族性と思われるもの,感染,炎症,栄養障害や内分泌疾患に引き続き起こるものなどがある.家族性の油性脂漏症の好発犬種はコッカー・スパニエル,イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル,ウェストハイランドホワイトテリア,バセットハウンド,ジャーマンシェパード,チャイニーズシャーペイ,ラブラドールレトリバーであり,その他秋田犬にも比較的多くみられるようである.また乾性脂漏はドーベルマン,ジャーマンシェパード,アイリッシュセターによくみられる.

【症状】
油性のものでは皮膚の皺になったところからはじまり,油性のふけがでるようになり,痒みやにおいもきつくなる.ついでべとつきが激しくなる皮膚の皺の部分は,唇,頚部,肘前,膝後ろ,かかとの前側,腋窩,鼠径,陰嚢周囲,へそ周囲,指の間などで,アトピーでかゆがるところと似ている.また外耳炎が必ずある.細菌やカビの感染が引き続いて起こり,皮膚は赤くなったり,厚く黒ずむこともある.乾性のものでは,やはりアトピーに似た皮膚の分布で,ふけが多く出る.またドーベルマンとシュナウザーでは,毛包の中に黒いものがつまったコメドができやすい.二次的なものではこれらに加えて,それぞれ先に存在していた病気の症状がみられ,複雑である.

【治療】
まずベースにどんな病気があるのか,それとも先天的なものか検査を行う.原因となる病気があればそれを治療する.また脂漏症に引き続く感染があればそれも治療する.乾燥して皮膚に対してはしめらせる治療を行う.これには皮膚の角質を溶解する成分と保湿剤やエモリエントを配合したシャンプーがよい.油性のものに対しては,角質溶解剤と,皮膚の増殖を抑えるタールの入ったシャンプーを使い,できるだけ乾燥させる.また毛刈りも必要なことがある.
PageTop

膿皮症(皮膚の細菌感染)
【原因】
ブドウ球菌を主体とする細菌が皮膚に感染した結果起こる皮膚病で,皮膚の表面に近い場所のみのもの,皮膚の深い部分にできるもの,足先だけ,鼻の部分だけ,あるいは全身にできるものまで様々である.アトピーや脂漏症,クッシング症候群,甲状腺機能低下症といった皮膚の状態や免疫の状態を変える基礎疾患や,ニキビダニ症などの皮膚の寄生虫疾患が引き金になることが多いが,ジャーマンシェパードの全身性膿皮症のように原因が不明なものもある.

【症状】
軽いものでは皮膚の丘疹や膿疱といった小型の病変や,古くなった病巣ではリング状に薄皮がむけたようになる表皮小環(人間の皮膚のカビによる病変と間違えないように)がみられる.毛包が細菌感染を起こしたものである.かゆみの程度は様々である.子犬に発生する浅い膿皮症は膿痂疹と呼ばれ,腹部など毛の薄いところに小型の膿疱ができる.深い部分にできた激しいものでは,皮下に広く広がり,瘻管とよばれる穴が皮膚に無数にあいて,膿が分泌される.瘻管の部分が広がって潰瘍になることもある.このような皮膚は悪臭を放つ.

【治療】
殺菌性シャンプーで皮膚を清潔に保ち,必要ならば毛刈りを行い,抗生物質を最低でも3週間は投与する.人間に比べて抗生物質の投与量はかなり多めなので,大型犬ではかなりの量になる.基礎疾患が明らかな場合はその治療も必要である.深い部分の膿皮症や原因不明のものは治りにくく,抗生物質の投与も数カ月の単位で必要となる.
PageTop

ニキビダニ症(毛包虫症,デモデックス症)
【原因】
ニキビダニが毛穴(毛包)の中に寄生して起こす皮膚炎.ニキビダニは正常の犬の皮膚にも少数認められるが,ふつうは病気の原因とならない.生後まもなく母犬から子犬に感染するが,最初は鼻の頭の部分にみられるので,哺乳する際に母親と直接接触して,ニキビダニをもらうのだろうと考えられている.ニキビダニによる皮膚炎は,円形脱毛のように局所性に出る場合と,全身性に出る場合がある.さらに3-12カ月齢で発症する若年性の病気と,5歳以降で発症する成犬のニキビダニ症がある.ニキビダニ症は特定の犬種で遺伝的に好発傾向を持っている.子犬ではオールドイングリッシュシープドッグ,コリー,アフガンハウンド,ジャーマンシェパードに多く,成犬のものではコッカースパニエルに多い.それに対してプードルでは非常にまれである.また成犬で発症する場合には,甲状腺機能低下症,癌などの免疫が低下する重大な病気が引き金になっていることが多い.

【症状】
局所性のものでは円形の脱毛とふけ,あるいは発赤で,痒みは少なく,頭部と四肢によくみられる.全身性のものでは,皮膚の肥厚,黒色化,はげしいふけ,かさぶたなどがみられ,かゆみも激しい.さらにかゆみに対するかきむしり,二次的な細菌感染でさらに悪化して,膿皮症の外観となることも多い.

【治療】
毛刈りと殺ダニ剤の薬浴で治療する.脂漏症や膿皮症があれば同時に治療する.また,成犬や老犬の場合,基礎にある疾患を発見し治療することが重要である.
PageTop

皮膚糸状菌症
【原因】
皮膚のかび(真菌)の感染による皮膚炎で,かびは毛や皮膚の角質に感染する.動物から人間にも移り,リングウオームと呼ばれる皮膚炎を起こすので正しい知識を持っておく必要がある.

【症状】
かゆみの少ない円形脱毛,発赤,ふけやかさぶたといった特徴に乏しい病変がみられるため,そのような場合は毛の検査あるいは真菌培養で診断する.小さな病変は毛穴(毛包)ごとに存在しているが,それが融合することも多い.

【治療】
抗真菌薬を使った外用療法,内服療法,シャンプーなどがある.同居の動物についても検査や治療が必要である.治療はかなり長くかかるもので,ふつうは1-2カ月,爪などに感染したがんこなものでは数カ月以上必要になる.
PageTop

ポメラニアンの脱毛症
【原因】
原因は不明であるがホルモン性の脱毛症と思われている.2-3歳くらいまでに雄で発症するものが多く,ポメラニアンの他にもチャウチャウやアラスカンマラミュート,シベリアンハスキー,キースホント,ミニチュアプードルにも同様の脱毛が知られている.原因は精巣または副腎からの異常な性ホルモンの分泌ではないかと考えられている.以前は成長ホルモンの欠乏が原因ではないかと考えられていたが,現在ではその考え方には疑問があり,去勢で治療が可能な場合があることから去勢反応性脱毛症,あるいは副腎に対する治療で治ることがあることから偽クッシング症候群と呼ばれている.

【症状】
会陰部,外陰部,頚部の左右対称性脱毛と黒色化からはじまり,次第に脱毛部が広がる.傷を負った部位に房状に発毛がみられることがある.毛色が暗くなったり明るくなったりすることもある.ふけが多く,被毛も光沢がなくなる.

【治療】
生命に別状はないので,脱毛が気にならなければ放置してもよい.毛糸のベストを着せるのも一つの方法である.治療を望むなら雄ならば去勢してみるのもよい.それでも反応がない場合には,性ホルモンを作る臓器としては副腎が考えられるので,クッシング症候群の治療に似た,副腎を少し破壊する薬物療法を行ってみる.現在では成長ホルモンの投与は行わない.
PageTop

天疱瘡(てんぽうそう)
【原因】
免疫が自分の皮膚を攻撃するために起こる自己免疫疾患で,犬では落葉状天疱瘡が最も多く尋常性天疱瘡がそれに続く.発症は4-5歳に多く,秋田犬,ドーベルマン,ニューファンドランド,ダックスフントに多い.

【症状】
落葉状天疱瘡では鼻,耳介などにかさぶたとふけを中心とした病変がみられることが多いが,これはかなり古くなった病変で,最初は紅斑ができ,つぎに膿疱となり,膿疱がすぐに破れて,痂皮をつくるようになり,このようにかさぶたの多い病変となる.眼周囲,腹部やフットパッドにも病変は作られる.尋常性天疱瘡では口腔内,眼周囲など皮膚と粘膜の境界部に水疱ができ,それがすぐに破れて潰瘍となる.どちらの場合も二次的な細菌感染が起こりより激しい病変となる.

【治療】
まず抗生物質療法で細菌感染を治療し,生検により診断を行う.診断が確定したら,ステロイド,免疫抑制剤による治療を長期間行う.犬ではこの他,全身性エリテマトーデス,円板状エリテマトーデス,類天疱瘡などの自己免疫疾患がまれにみられるが,治療はほとんど同じである.徐々に薬用量を下げていくが,再発がみられる場合も多い.
PageTop
─
PRINT