JBVP 日本臨床獣医学フォーラム

日本臨床獣医学フォーラム

お問い合わせプライバシーポリシー

 
JBVPについて 年次大会 地区大会 獣医師向け レクチャーシリーズ 動物看護師向け ご家族向け WJVF
ご家族向け 猫の病気
動物との暮らしを考えるフォーラム
犬の病気
猫の病気
呼吸器系の異常

鼻から分泌物が出る
急に元気・食欲がなくなり,熱も上がり,結膜炎,涙眼,そして鼻水が出るようになり,くしゃみも激しくなったら,猫のヘルペスウイルスによる猫ウイルス性鼻気管炎(FVR)がまず疑われます.あるいは,ネコカリシウイルスが原因で,非常に似た症状がみられる場合もあります.ただしカリシウイルスでは,口の中に潰瘍(かいよう)を作るものが多いようです.

FVRの場合は,目やにや鼻水は次第にねばねばしたようになり,子猫ではまぶたが完全にくっついてしまうものもあります.鼻づまりも激しくなり,口を開けて呼吸が苦しそうな猫もみられます.ものが食べられずに脱水や衰弱が激しいと生命に危険もあります.また抵抗力がなくなり,細菌感染が一緒におこると,症状が激しくなったり病気が長引くこともありますが,普通は症状が始まってから3−4日で一番病気は激しくなり,通常はその後1週間位で回復します.

このように急性のウイルス感染症では,ウイルスに感染してから普通は1週間位で免疫ができ,症状もおさまりはじめるので,病院では分泌液で汚れた眼や鼻をきれいにして,脱水や栄養不良があればそれを治し,細菌感染を予防・治療して,猫が自分で病気を治して行くのを助けます.鼻がつまっているため臭いもあまりかげず,また熱があればそれだけでも食欲がなくなります.したがって猫に根気よく栄養の高いものを食べさせる努力が必要です.

また,慢性化する病気もあります.猫がいつもくしゃみや鼻水を,あるいは目やにを出している場合には,慢性上部気道疾患という病気が考えられます.病気の本態は,慢性の副鼻腔炎が主体で,人間の蓄膿症にも似た状態です.全身の抵抗性が減退して,あまり病原性のない細菌が増殖している状態と思われます.抗生物質を使用するとその間だけは調子がよく,使用を中止するとまたぶりかえすようです.ネコ免疫不全ウイルス(FIV)やネコ白血病ウイルス(FeLV)感染で免疫が低下しているものが多いようで,根本的な治療法はいまのところありません.
その他鼻の中の癌やリンパ腫も慢性の鼻水の原因となります.したがって,鼻水を顕微鏡で観察することや,頭部のX線検査も重要な診断法となります.

呼吸の異常
呼吸はふつう無意識のうちに努力なしに行われるものですが,それが意識されるようになると,人間ならば病院に行こうと考えるでしょう.通常それは息切れ,息が激しくなる状態として認識されますが,人間ならばそれが運動によって起こったもの,あるいは興奮によって起こったものなどの区別がつくはずです.病的な息切れとは,苦痛や努力を伴うものですが,猫の場合には飼い主である人間がそれを判断しなくてはなりません.また,自分の体のことではないので,動物の肺などの病気がよほど激しくならないと,外からみて異常を感じないことが動物の病気の難しいところでしょう.そして,外からみて安静時に明らかな異常がある場合には,すでに手遅れに近い状態まで病気が進行していることもよくあります.したがって,ふだんから猫の呼吸の状態に気をつけて,小さな異常も見逃さないようにすることが大切です.

呼吸の異常として最初にみつかるのが,運動時の息切れです.階段を登ったり走ったりして,息切れが起こる状態です.もちろん,暑いときに口を開けてハーハーやるのは,いぬと同じに体温を下げようとしていることなので,呼吸の異常ではありません.通常みられるサインとしては,異常に速い呼吸,深く呼吸しようとしてもできない状態,異常な音のする呼吸,過度のいびき,疲労ではない運動性の低下などがあげられます.また咳を伴うこともありますが,咳は別の項で説明します.

呼吸の異常は,鼻や口といった空気の入り口から,気管の入り口である喉頭,そして気管と気管支,そして肺,また肺を取り囲む胸部全体のいずれに異常があっても起こりうるものです.そして結果は呼吸ができないということで共通です.呼吸ができなければ,全身に酸素を供給し,老廃物である二酸化炭素を排泄することができなくなるので,死んでしまいます.したがって呼吸が困難な様子がみられたら直ちに病院に行く必要があります.呼吸困難には2つのパターンがあります.ひとつは空気の入り口から太い気管までのいずれかの場所で詰まっている場合で,深くゆっくりとした呼吸で,吸い込むのがとても難しくなるものです.口に細いストローをくわえてそれで息をしてみてください.深くゆっくりとした呼吸しかできず,しかも吸い込むときにかなりの努力が必要です.これは異物がつまったり気管が回りから押されてつぶれたときの症状です.完全に詰まった状態ではチアノーゼ(粘膜が青くなる)が出て,意識もなくなります.もうひとつの症状は,早くて浅い呼吸です.これは肺の中に病気がある場合(肺炎,肺水腫など),肺の外の胸腔(きょうくう)に水や空気がたまった場合,肋骨が折れて胸が膨らまない場合などの症状です.けがによる場合を除き,病気の場合は徐々に進行するはずです.したがって,呼吸困難になる前に,じっとうずくまる,遊ばなくなる,走るとハーハーいうなどという時期がみられるはずです.また火事などで煙を吸った場合は激しい咳がでて,ぐったりとして,チアノーゼを起こします.さらに水におぼれた場合も呼吸ができなくなります.

猫では異物がつまるというようなことはごくまれにしかないでしょう.また水や煙といった事故も少ないものです.病気としては,子猫のカリシウイルスや細菌による肺炎,若い猫の胸腔型リンパ腫(胸の中にリンパ球のガンの塊ができて気管を圧迫し胸水もたまって肺を圧迫),膿胸(肺炎などの細菌感染で胸腔内に膿がたまる),猫伝染性腹膜炎(胸水がたまる),乳び胸(リンパ管から水がもれて胸水になる),そして外傷によるものとしては,高いところからの落下による気胸(肺から空気が胸腔内にもれる)と肋骨骨折(痛くて胸をふくらませられない)が比較的多くみられます.
呼吸が苦しい場合には病院にすぐに行くべきですが,呼吸が止まってしまった場合には待っている時間はありません.意識がなくなり,脈がなくなり,呼吸も止まってしまったら,3-4分以内に蘇生(そせい)ができないと,その後心臓が動きだしたとしても脳に障害が出ます.心臓が止まった場合のサインは,心臓の所で心拍が感じられない,内股の脈がない,呼吸がみられないなどです.すぐに口の奥の喉頭を観察してそこが異物などで詰まっていないか確認します.横に寝かせ,頚をまっすぐにして舌を口の外に引っ張ります.人間の口を猫の鼻につけて空気を吹き込みます.同時に心臓マッサージを肘のすぐ後ろの所で1分間60回行います.鼻からの呼吸は心臓4回につき1回程度行います.

こんなときはすぐ病院へ
  • 息が止まる
  • 息が苦しそう
  • 舌やくちびるが青紫色
  • 息をするとき変な音がする
  • 意識がなくなった
  • 水におぼれた
  • 煙を吸って激しい咳がある
  • 高いところから落下した
  • おもちゃで遊んでいて急に呼吸が変になった
  • その日のうちにぜひ病院に
  • 十分に呼吸ができない様子
  • いびきがひどく呼吸もおかしい
  • 呼吸が荒く,じっとうずくまる
  • 走った後に呼吸が苦しそう
PageTop
─
PRINT