JBVP 日本臨床獣医学フォーラム

日本臨床獣医学フォーラム

お問い合わせプライバシーポリシー

 
JBVPについて 年次大会 地区大会 獣医師向け レクチャーシリーズ 動物看護師向け ご家族向け WJVF
ご家族向け 猫の病気
動物との暮らしを考えるフォーラム
犬の病気
猫の病気
代謝その他の病気

甲状腺機能亢進症
この病気は,甲状腺が腫れて大きくなり,甲状腺ホルモンが過剰に出されることによって起こる全身の病気です.1980年頃よりアメリカの大都市を中心に多く発生がみられるようになり,現在では猫のホルモンの病気では最も多いものとされています.

甲状腺ホルモンは体のほとんどの組織のに作用して,代謝を盛んにする働きがあります.これらの効果としてエネルギーが生産され,体温も上がり,心臓の機能も高まり,要するに一見病気とは無縁の健康な方向に体が変化するのです.したがって家庭内では猫はよく食べ,活発になるので,健康診断などまず必要ないと思われてしまうのも不思議なことではありません.しかしながら,体の中がそれほど活性化すると,早く老化して燃え尽きたようになってしまうのが,この病気の本質です.本当に末期では,燃え尽きたようになって死んでしまう病気です.したがって,早期に発見して,異常な活性化をくい止める必要があります.

この病気はとくに10歳以上に集中してみられます.典型的な症状は,食欲の増加,体重減少,活動性が高まる,おちつきがない,性格が激しくなったなどです.また進行したものでは,多尿,嘔吐,下痢,筋肉の衰弱,毛の光沢がなくなる,早い心拍なども観察されます.しかし進行したものでの症状以外,猫を病院に連れて行く理由にはあまりならないことがわかります.猫がよく食べるということは,満足であっても問題になりませんし,しかも体重減少に関しては,老猫でもあるし,よく食べるがさほど太らないと考えれば病気とは考えないでしょう.活動性が高まるということは,よく甘えるようになった,よく遊ぶようになったと考えれば,やはり病院に行く理由にはなりません.

しかしながら,一見健康にみえても病気は進行していることがあるのです.そして健康にみえるときに手を打っておけば,比較的簡単に治療できるかもしれません.実際に10歳以上の老猫を,症状に関係なく無差別に検査してみると,1割以上はこの病気を持っていることがわかるのです.したがって,これからは猫は健康にみえるから病院には行かないというのではなく,必ず年1回,あるいは中年以降では年2回の健康診断を心がけるのがよいでしょう.人間にとっては1年でも,猫は4-5年分の年をとるのです.

10歳以上の老猫で,痩せていて,食欲があり,性格が荒くなった,あるいは異常に甘えるようになった,眼がぱっちり大きい,という条件が揃っていれば,たとえ病気にはみえなくても,まず甲状腺機能亢進症が疑われます.そのような猫では,身体検査に続き,血液検査,血液化学検査,尿検査X線検査をまず行い,他の疾患や全身の状態について広く情報を集めます.よく食べるけれど痩せているという場合,もう一つ重要な病気として糖尿病がありますし,また甲状腺の病気では肝臓に異常がでたり,あるいは心臓が異常に大きくなったりすることもあるので,このように広く検査を行う必要があるのです.次にT4と呼ばれる甲状腺ホルモンを測定して高い値がみられた場合,甲状腺機能亢進症と確定診断されます.診断後には,薬物を使って甲状腺ホルモンを下げて全身の状態をおちつかせ,手術ができるようならば,大きくなった甲状腺はたいてい腫瘍なので,それ以上大きくならないようにとってしまいます.

糖尿病
体の中の細胞はぶどう糖(グルコース)をエネルギー源にして生きています.グルコースは食べ物の中に含まれ,腸から吸収されて肝臓に行き,肝臓や筋肉の細胞の中ではそれが数多く連なった形のグリコーゲンという物質の形で保存されていまず.そして必要に応じて,血液の中を流れて他の部分に運ばれて行きます.血液の中のグルコースの濃度を血糖値(血液の中の糖の濃度という意味)と呼び,常にある範囲に保たれています.この血糖値はインスリンという膵臓から出されるホルモンでほぼ一定範囲内にコントロールされています.空腹時には血糖値は比較的低いものですが,低血糖になりすぎるとけいれんが起こったりぐったりしてしまうため,常に一定以上の値は保たれています.また逆に血糖値が高まると,尿の中に糖が捨てられるようになり,体の中の様々な代謝に悪影響がでて,食べるのに痩せるなどの症状が現れます.インスリンが出なくなったりその効き目が悪くなって,いつも高血糖が続き,尿に糖が捨てられる病気が糖尿病です.

【猫の糖尿病の種類】
猫の糖尿病にはインスリン依存性というものと,非インスリン依存性というものがあります.インスリン依存性の方が圧倒的に多いのですが,膵臓の中のランゲルハンス島というインスリンを出す部分が破壊されて,インスリンが分泌されなくなったために起こる糖尿病です.それに対して非インスリン依存性糖尿病はインスリンの分泌がやや悪いか,あるいは分泌されていても,肥満などでインスリンの効き目が悪くなっているものです.

【糖尿病を疑う症状】
このように糖尿病の原因は一つではないので,体重一つをとってみても,肥満の場合と激しく痩せている場合があります.すなわちインスリン依存性糖尿病の場合は食べるのに痩せるのが特徴で,非インスリン依存性の場合は肥満のために糖尿病になるということです.しかしながら,共通の症状としては,水をよく飲んで尿が多量に出る多飲多尿,食欲の増進があります.その他尿が濁ったりする(尿の中に膿や細菌が出る)こともよくあります.

【糖尿病の診断】
病院で血液の検査を行う場合は,普通は夜食べたら朝は抜いて,病院に行きます.したがって病院では空腹時の血液を調べることになるのです.ここで血糖値を測定してそれが高く,さらに尿の中に糖が出ていれば(出ないのが正常),とりあえず糖尿病が考えられます.その他尿の中にケトンという物質が出ていれば,炭水化物代謝に完全に異常があることがわかり,しかも危険な状態が差し迫っていることが考えられます.

【糖尿病の治療】
猫が痩せていて,呼吸が荒く.尿にケトンが出ている糖尿病の場合には,糖尿病性ケトアシドーシスと診断され,入院で緊急治療が行われます.この場合,危機を脱するまで,点滴とインスリンの注射が続けられます.そして状態が落ちついたところで,家庭でのインスリン療法に切り替える準備が行われます.またケトアシドーシスほど激しくない病気の場合は,この家庭内でのインスリン療法の準備から始まります.

インスリン依存性糖尿病の場合,一生インスリンを使い続ける必要があるので,治療は家庭で毎日注射によって行われます.このため病院ではどんなインスリンをどれくらいうったらよいのかを決めるための検査を行います.インスリンの量が決まり,猫の血糖値が安定するまでは通常1カ月位は必要で,この間毎週1-2日ほど入院して,詳しい検査を受ける必要があります.猫に毎日注射をするのはかわいそうと思うかも知れませんが,これによって猫は生きて行くのですから責任重大です.

また,インスリンの量が多すぎると低血糖が起こり危険な状態になります.したがって,インスリンを注射している猫では,常に低血糖に備え,砂糖水なども用意して置く必要があります.一部の猫は,結局インスリン非依存性であって,後にインスリンの量を減らしたり,また注射が不要になる場合もあるので,このように繰り返しの検査が必要なのです.また食餌療法も大切なので,飼い主はカロリーコントロールを指示されたとうりに厳密に行う必要があります.
肥満の猫で,尿にケトンは出ていないようなものであれば,インスリン非依存性糖尿病である可能性が十分考えられます.このようなものでは,最初にインスリンを使うことはあっても,徐々にインスリンの量も減らし,結局インスリン療法を終わらせることも可能かも知れませんし,そのためには食餌療法で減量することがポイントです.さらに,インスリン治療なしに,食餌療法のみ,あるいは経口血糖下降薬(のむ薬)で血糖値を下がられることもあります.

【糖尿病の猫の食餌療法】
糖尿病の猫の食事は,多量を1回に与えるよりも,少量の食餌を数回に分けて行うのがよいとされています.これは,毎食後に起こる高血糖を最小限にし,血糖値の変化を抑える意味もあります.1日何回も食べる猫には1日中自由に食べられるようにしてやり,1回に大食いの猫では理想的には,昼のうちに少量の食餌を3-4回与えるのがよいでしょう.
体重コントロールが必要な場合は,粗線維を多量に含む療法食を利用します.しかし体重コントロールは,獣医師の指導のもとに徐々に行わないと,肝臓に脂肪がたまる脂肪肝という病気が発生するので危険です.安全な減量のためには,2-4カ月かけて徐々に目的体重へという努力が必要です.最初から痩せた猫には線維を多量に含む食餌は与えません.
猫は療法食に変えた場合,気に入らないで食べないこともあります.そのような場合は少し暖めるなどの工夫が必要でしょう.頑固に食べない場合,待ってよいのは36-48時間だけということをおぼえておいてください.健康維持のためには何かを食べることが先決で,高線維を食べないにしても何かを食べなくてはなりません.したがって食べない場合には,無理に線維食だけにこだわるのではなく,何でも食べさせて,すぐに獣医師に相談してください.

ストレス
猫の病気とストレスは密接な関係にあります.いいかえれば,ストレスをさけた生活をしていれば,まずもって病気の予防になるといえます.
猫は何でストレスを感じるのでしょうか.それは猫のいちばん気にすることを考えればわかります.猫がいちばん気にかけていること,それは自分の生活環境,あるいは縄張りでしょう.したがって,自分の住む環境が気に入らない,「侵入者」がいる,自分だけが落ちつく環境を作れない,などがいちばんのストレスになるのです.
たとえば,引っ越しして環境が変わった,見知らぬ人が同居するようになった,家の中に他の猫がやってきた,家の中に猫が大勢いて,自分の落ちつける場所が少ない,などが家の中を縄張りとする猫のストレス要因です.また外に出る猫ならば,家の回りを縄張りとしているところに新しい猫,それも勝てそうもないのが侵入してきた場合,やはりストレスを感じるでしょう.猫は外には出さないのが正しい飼い方ですが,確かに今まで出していたのを急に閉じこめてしまうと,これもストレスになるでしょう.この場合は外の縄張りを見回りに行かなければ気がすまないのですからストレスを感じます.したがって,外に出ていた猫を家の中で飼うようにするには,避妊・去勢手術を行ったり,徐々に慣らしたり,あるいは場合によってはトランキライザー(精神安定薬)を使ったりする必要があるでしょう. その他環境に関することとして,工事や交通の騒音が急に激しくなった場合,また寒冷などの自然の要因もあげられます.猫は毛皮をまとっていて寒さには強そうですが,家の中の温かい環境に慣れていれば,当然ストレスを感じます.
このようにストレス要因をさぐってみると,猫は環境の急激な変化を望まないことがわかります.そしてその環境の中の最も重要な問題が縄張りなのです.また自由な暮らしというのも,猫の環境として重要です.
こうしてみると,人間の生活に必要な条件ともかなり共通していることがわかります.人間でも,環境が悪く,侵入者があったり,自分の住処が危険にさらされたり,騒音に悩まされれば,大きなストレスを感じることでしょう.ただし人間には,いぬ派と猫派がいます.いぬ派の人間はいぬ同様,主従関係の維持を好みます.したがって誰かに従属すること,あるいは組織に属すること自体が安心につながります.しかしながら,猫派人間と猫は,自由と自分の生活をいちばん大切に思います.したがって猫にとっては,日中飼い主がでかけて孤独というのはストレスになりません.かえって,さみしいだろうというおせっかいから,いぬを一緒に飼うようにするなどというのが,よけいストレスの原因になることもあります.
その他のストレス要因としては,重労働のようなことがあげられます.この代表が子育てです.出産も労働ですし,また授乳も肉体的にきつい仕事です.そして病的なストレス要因は,病気全般です.ストレスが病気の原因になり,また病気がストレスの原因になるのです.これには激しい下痢や嘔吐,呼吸困難,発熱その他の苦しみを伴う病気が含まれます.
ストレスのサインは何でしょうか.まず猫がいつもおびえている様子なら確実にストレスが予想されます.すみにうずくまって出てこない,耳はいつも後ろを向いているなどが典型的なサインです.
場合によっては不適当な排泄行動,すなわち便所以外で用を足すという症状がみられる場合もあります.また食欲不振は様々な病気でみられる症状ですが,ストレス時にもみられることがあります.自分の体をなめて,円形脱毛のように毛が抜けることもあります.ただし猫は,かゆみに対しても,なめる場合があるのでしっかりした診断が必要です.またおなかの毛が薄くなる脱毛症,対称性脱毛症の原因の一つにもストレスがあげられます.もちろん,アレルギー,寄生虫感染,細菌感染,真菌(皮膚糸状菌)感染,性ホルモンまたは他のホルモンの失調なども原因としては重要です.
病院での検査でもストレスはわかります.血液検査で白血球の仲間のリンパ球や好酸球の数をみて減っていればストレスがわかります.ところでリンパ球というのは,体の中で病気と戦う免疫を司る重要な白血球です.ワクチンをうって病気にかからなくなるのは,リンパ球の働きによるものなのです.したがって,リンパ球が減るということは,免疫力の低下を意味しているのです. 免疫力の低下,あるいは免疫のバランスの崩れがウイルス病や細菌感染を引き起こしたり悪化せせます.代表的な病気は猫伝染性腹膜炎(FIP)です.この病気はウイルスにかかっただけでは普通発病せずに治ってしまいますが,過密な環境で飼育されている猫には発病が多く,ストレスとの関連が示されています.またヘルペスウイルスによる鼻気管炎の再発も,ストレスと関係あるといわれています.人間のヘルペスウイルスもストレスで暴れ出すことはよく知られています.
ストレスで発病したり病気が悪化するのは感染症ばかりではありません.ストレスが病気の進行の鍵をにぎる代表的なものは慢性腎不全でしょう.慢性腎不全は老齢の猫には多い病気ですが,それまで病気を持ちながらも腎臓の機能が維持されていた場合に,ストレスにより急に悪化することがあります.さらに悪性の腫瘍(がん)も,その発生の予防には免疫が深く関わっているので,ストレスが続くとがんが起こりやすいということがもしかしたらあるかもしれません.ただ,猫には胃ガンが少ないことを考えると,どうも猫は胃でストレスを受けとめるのではないようです.
猫が好きで飼っている人はたいてい猫派の人間です.自分にとって何がストレスかもう一度考えてみましょう.そうすれば猫のストレスもいっそう理解できるかもしれません.

脱水症
体の70%は水分からなり,血液の主要な成分も,体の各部分を作る細胞もほとんどは水が占めています.また細胞の中で栄養分を代謝するのにも,水は欠かすことができません.
体の水分が欠乏した状態を脱水と呼びますが,口から入る量が少なくなった場合,あるいは多量の尿,下痢や嘔吐で捨てられる水分が多くなった場合に起こります.猫が水を飲んでいるところはあまりみかけないかも知れませんが,缶詰などの湿った食事をとっている場合にはそこから多くの水分をとっています.したがって,食欲不振というのも脱水の原因としてよくあるものです.
野生の猫は獲物をとって食べますが,そのような獲物はたいてい70%が水分で,残りの半分が蛋白,半分が脂肪です.したがって野生の猫の血を引き継いでいる飼い猫も,これに似た食物を好んで食べます.このため缶詰などの湿った食事を与えられている猫では,そう頻繁に水を飲むところをみなくても異常ではないでしょう.
猫用の缶詰は1缶が約180g入りで,1缶には約80%の水が含まれ,1日1缶食べるとすると,それだけで144mlの水分を飲んだのと同じことになります.また2缶食べる場合には,288mlの水をとることになります.実際には,脂肪が代謝されるときに体の中で少し水ができるので,これよりも多く水を飲んだことになるでしょう.ところで普通に生活していても尿や便,あるいは吐く息の中に水が失われるわけで,これが1日で約200ml程度になります.したがって,1缶食べて少しは水を飲んでいれば,あるいは2缶食べていれば,水の量は十分ということになります.
ところが1日の水の必要量は,気温が高い,病気で熱がある,運動量が多いといったことで多くなりますし,また下痢や嘔吐,多尿(腎臓病などで尿の量が多くなること)など,捨てられる水が病的に多くなっても当然増加するものです.
食欲がなくなった場合には体に入って行く水分量が減ります.まったく食べていなくて,水も飲んでいなければ,水はまったく補給されていないということです.すなわち水分は常に失われているので,絶対に補給が必要です.1日水も食事もとらなければ,差引き200ml以上の水が不足していることになります.そしてそれが2日になれば400ml以上の不足になります.
実際には食欲がないというのは,多くの場合熱がある,他の病気で調子が悪いということですから,呼吸が苦しくて口を開けて呼吸する,熱がある,あるいは激しく嘔吐しているなどで,失われる水の量も多くなります.ということは,1日の不足分には,健康でも失われている200mlに,さらに病気によって余分に失われている量が上乗せされるのです.
このように食欲不振がみられる,あるいは失われる水分が多い状態では,脱水の症状に注意してください.脱水は,毛や皮膚の状態でわかります.毛並みが悪く,皮膚をつまんですぐに戻らなければ明らかに脱水しています.もっとひどい脱水では,目がくぼんでしまいます. 少しの間の食欲不振や嘔吐ならば脱水の量は5%未満で,猫の体をみても変化はわかりません.病院で血液の検査をして,やっと軽い脱水があるのがわかる程度です.その後食事や水をとっているようなら別に問題はないでしょう.しかしながら病院に行った場合には,脱水の原因があったことを正確に話すべきです.
嘔吐や下痢がやや長く続いた場合には6-8%の中くらいの脱水になります.この場合には,皮膚の張りが悪くなり,口の中の粘膜も乾き気味になります.そして長期の食欲不振,激しい嘔吐,慢性の多尿(慢性腎不全など)があった場合には高度の脱水となり,10-12%が足りない状態で,症状は一層はっきりしたものになります.12%以上脱水があればショックが起こり,生命は危険な状態となります. このように脱水の症状がみられた場合には,病院で水分を補給してもらう必要があります.病院では,栄養のバランス,水の必要量などを計算して,口からの投与,静脈内への点滴,あるいは皮下注射で脱水を直します.
脱水は生命に危険が迫っているということを十分知っておいてください.1日以上水も食事もとらない,激しく吐いている,激しく下痢している,尿の量が多いがあまり水は飲まないなどの脱水の要因が考えられる場合には,すぐに病院に行くことをおすすめします.
PageTop
─
PRINT