JBVP 日本臨床獣医学フォーラム

日本臨床獣医学フォーラム

お問い合わせプライバシーポリシー

 
JBVPについて 年次大会 地区大会 獣医師向け レクチャーシリーズ 動物看護師向け ご家族向け WJVF
ご家族向け 猫の病気
動物との暮らしを考えるフォーラム
犬の病気
猫の病気
腎臓病

急性腎不全
猫の腎臓が急に働かなくなる病気としては,雄猫のLUTD,すなわち尿石症によって尿がでなくなることに続くものが多くみられます.また,交通事故などで膀胱や尿管が破裂して尿が腹腔内にたまり,その結果尿は作れても出せない状態になって,次第に腎臓もダメージを受けます.このような病気は腎臓より後ろに問題があるため,腎後性腎不全と呼ばれます.腎臓より後ろの閉塞が高度であると,腎臓の組織自体が壊されるか,あるいは腎盂(尿管の始まりの部分)に尿が溜まってしまい,その結果腎臓は風船のように膨らんで,腎臓の本来の組織は薄くなってしまいます.このような病気は急におこるのではなく,慢性に徐々に進行します.このような腎臓を水腎症と呼びます.腹腔内に大きな塊ができて,圧迫により猫は苦しみます. 腎臓より前に問題があるものを腎前性腎不全と呼びます.これは腎臓は働けるけれども,血液が来ない状態です.急な脱水や出血により血液の量が減ると,血液を濾過して尿を作る能力が低下します.またこの状態が続くと,腎臓自体も酸素と栄養の低下でダメージを受けてしまいます. 腎臓自体が急に障害される腎性腎不全としては,細菌性膀胱炎から菌が尿路を上がってくる感染症,腎盂腎炎があります.また,体の中の細菌感染巣から菌が腎臓に流れて化膿性腎炎をつくることもあります.したがって細菌の増殖巣である病変,たとえば激しい口内炎などは,早期に治しておく必要があります.その他,毒物の摂取で腎臓が破壊される病気もあります. 糸球体腎炎は尿を濾過して作る糸球体という部分の炎症で,尿の中に蛋白がもれることが特徴です.急性で始まっても,慢性化することが多いようです.原因はウイルスや細菌感染に対する,あるいは自己に対する免疫で,特殊な蛋白が糸球体に結合して炎症が起こり,体の蛋白が尿の中に失われてしまいます.蛋白が高度に失われると,腹の中に水がたまったり(腹水),皮下に水が溜まったりします(浮腫).また,尿中に蛋白が失われる病気には,腎臓のアミロイドーシスも含まれます.これもアミロイドという異常な蛋白の腎組織への沈着が原因です.

慢性腎不全
元気がなくなり,痩せてきて水をよく飲むようになった場合,慢性の腎臓病も疑われます.慢性腎不全は,腎臓の破壊が徐々に進行して,腎臓が小さくなり,体の老廃物を外に出す能力が低下した状態です.慢性腎不全では,一度壊された腎臓を元に戻すことはできません. 慢性腎不全は高齢の猫によくみられる病気で,最初は残った腎臓の組織が余分に働いて正常に尿を作るようにしますが,それが続くとその組織も壊れてしまいます.このようにして,3/4の組織が破壊されてしまった状態が本当の腎不全です.さらに進行すると被毛の光沢が低下して,嘔吐や貧血などもみられるようになり,尿毒症(にょうどくしょう)の状態になります.また症状なしに徐々に進行していた時に,寒冷,騒音などのストレス,あるいは脱水(外に出ていって水も食事もとれずに数日うろついていたなど)が生じると,急に症状を出してぐったりすることもあります.まれに,腎臓にリンパ腫というリンパ球のがんが発生しても,結果は慢性腎不全となります. 慢性腎不全は治すことのできない病気ですが,早期に発見して,病気の進行を遅らせることは可能です.まず以前に急性腎不全があった猫は,何らかの病気が腎臓で進行していると思って注意しましょう.猫は中年以降,症状がなくとも年1回から2回は健康チェックを受けて,尿の比重や血液化学検査の腎臓の値に注意します.尿の比重は慢性腎不全の早期発見に最もよいもので,1.035以下に低下していたら繰り返して測定し,常に低いものでは病気が進行中であると考えます.このような猫では,適切な食事管理を行い,ストレスを避けることにより,腎不全の進行を遅らせることも可能かもしれません.食事管理では,カロリーを十分に補給すること,適切な量の良質の蛋白を与えることがポイントです.また水も十分に与えるようにします.

腎臓病を疑う症状(急性と慢性では症状が違うので全く逆の症状もあります)
  • 多飲多尿
  • 無尿,乏尿
  • 食欲減少
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 被毛光沢の減少
  • 体重減少
  • 元気消失
  • 口腔内潰瘍
  • 口臭
  • 粘膜蒼白(貧血)
  • 腰部の痛み
  • 赤色尿

腎臓病の診断
病院ではまず腎臓病があるかどうかを検査して,それが急性か慢性か,急性ならば腎後性か腎性か腎前性かを診断する必要があります.これらですべて治療法や治療への反応が異なるためです.もちろん,交通事故であるとか落下であるとかの情報は区別のために重要な情報になります.さらにこれまでの尿の状態,飲水量,食欲なども重要です.検査としては,血液検査,血液化学検査,尿検査に加え,X線,造影,エコー検査なども必要になるかもしれません.また細菌感染が疑われる場合には尿の細菌培養もよく行われます.
PageTop
─
PRINT