JBVP 日本臨床獣医学フォーラム

日本臨床獣医学フォーラム

お問い合わせプライバシーポリシー

 
JBVPについて 年次大会 地区大会 獣医師向け レクチャーシリーズ 動物看護師向け ご家族向け WJVF
ご家族向け 犬の病気
動物との暮らしを考えるフォーラム
犬の病気
猫の病気
血液の病気
免疫介在性溶血性貧血
【原因】
赤血球表面に免疫抗体が結合して赤血球が破壊されるために起こる貧血.自分の赤血球そのものに免疫反応が向けられた場合と(自己免疫性溶血性貧血),赤血球に付着している何らかの物質(たとえば薬物など)に対して免疫反応が起こっている場合がある.どちらも結果は同じで,赤血球の表面に抗体という免疫物質が結合することになる.そのような赤血球は脾臓や肝臓で破壊されたり,あるいは血管の中を流れながら破壊され,その結果貧血となる.

【症状】
2-8歳の犬に多く,雌では雄の3-4倍の発生率である.最初に気づく症状は,寒がる,食欲不振,落ちつきがない,運動時疲れる,脱力,ぐったりなどあまりこの病気だけに特徴的なものとはいえない.歯茎が白っぽい,白い犬で皮膚のピンク色がなくなるなども重大な貧血を表すサインである.まれに赤色尿や黄疸もみられる.また消化器症状(嘔吐,下痢)がみられることもある.また一部は免疫介在性の血小板減少症と一緒に発生するため,粘膜や皮下の点状出血を示すこともある.

【治療】
抗生物質投与,感染,腫瘍などに引き続いて起こるものと,原因不明で起こるものがあり,原因不明のものがおそらく真の自己免疫性と考えられる.原因があればそれを除くが,同時に免疫抑制剤を使った治療を行う.すぐに改善傾向がみられない場合は複数の薬を使ったり,輸血を行うこともある.ただしこの病気の犬では適合血がなかなかみつからないことも多い.非常に急性のものは救命率は低いが,通常のものでは回復するものが多い.ただし慢性化して完全に貧血が治らないものも中にはある.
PageTop

ハインツ小体性溶血性貧血
【原因】
これも赤血球が破壊されることによる貧血で,原因の代表的なものはタマネギであるため,タマネギ中毒ともよく呼ばれる.しかしながらタマネギ以外にも,アスピリン,アセトアミノフェンなど風邪薬の成分が同じ貧血を起こす.赤血球の中のヘモグロビンが変性を起こしたり結晶化して,赤血球が破壊される.

【症状】
貧血は原因物質の摂取後数日で起こることが多い.数日のタイムラグがあることから,原因と結びつけるのが困難なこともある.中等度の貧血に関連した症状,すなわち食欲不振,脱力,粘膜蒼白,などがみられる.赤色尿がみられることもある.人間の食べ物(カレー,すきやき,ハンバーグなど)でタマネギが入っていなかったか,人間用の風邪薬をのませていないかなど注意が必要.

【治療】
通常は原因物質を取り除けば治療となる.貧血が激しい場合には輸血も行われることがあるが,赤血球を作る方には異常がないので,あまり必要とならない.薬物中毒の場合には,別の薬物を投与して治療を行うこともある.
PageTop

バベシア症
【原因】
バベシア・ギブソニと呼ばれる赤血球上に寄生する,小型の寄生体が原因の,赤血球の破壊にともなう貧血.わが国では九州から本州は青森まで分布しているが南・西日本に比較的多い.別のバベシア・カニスと呼ばれるものは沖縄だけに存在する.ダニが媒介するといわれているが,その他闘犬にもよく発生するので,けんかや出血をともなう傷も感染の原因になるのかもしれない.

【症状】
劇症のものと軽症のものでは症状が異なる.劇症では発熱,元気消失,食欲廃絶,虚脱(倒れる),赤色尿,黄疸などがみられる.軽症あるいは慢性のものでは発熱,元気消失,食欲不振がみられる程度である.

【治療】
血液検査で寄生体が確認されれば,貧血に対する補助治療とあわせてバベシアに対する薬物治療を行う.薬物は急速に寄生体を死滅させるものではないが,数を減らし犬自身の免疫が感染をコントロールできるようにする.ただし回復しても犬は無症状のキャリアー(保菌動物)になりやすい.
PageTop
─
PRINT