JBVP 日本臨床獣医学フォーラム

日本臨床獣医学フォーラム

お問い合わせプライバシーポリシー

 
JBVPについて 年次大会 地区大会 獣医師向け レクチャーシリーズ 動物看護師向け ご家族向け WJVF
レクチャーシリーズ JBVPレクチャーシリーズ
─
JBVP
レクチャーシリーズ
・LS in 東京
・LS in 札幌
・LS in 仙台
・LS in 群馬
・LS in 長野
・LS in 静岡
・LS in 名古屋
・LS in 京都
・LS in 大阪
・LS in 広島
・LS in 四国
・LS in 福岡
・LS in 沖縄
・LS in Korea
動物看護師レクチャーシリーズ
2018年 大阪レクチャーシリーズ開催予定
[ 主 催 ] 一般社団法人 日本臨床獣医学フォーラム(JBVP)
[ 講 師 ] 伊從慶太(株式会社VDT)
[ 日 時 ] 21:00-23:00 第2木曜日
[ 場 所 ] 学校法人宮崎学園大阪ペピイ動物看護専門学校セミナー室
(ネオ・ベッツVRセンター上:建物に向かって左側の外階段から2階受付までお越しください )
[ 受講方法 ] 当日会場受付
[ 参加費用 ] 4,000円(カラーハンドアウト込み)
[ 開催日および講義内容 ]
開催日 講座名 講師名
(敬称略)
講義内容
1月 18日(木) 皮膚科学 伊從慶太 皮膚病を扱う前に知っておきたい皮膚科の基礎の基礎(6回シリーズ):
D皮膚科の薬のTIPS
薬の使い方、これでいいのだろうか?
小動物皮膚科臨床では多様な薬物が利用されますが、薬物の選択基準に迷うことも少なくありません。また、治療導入〜維持、漸減や休薬など、各フェーズにおける用法用量の設定に不安を抱くこともあるかと思います。
本講演では皮膚科で汎用される感染症治療薬(抗菌薬、駆虫薬)、抗アレルギー薬(ステロイド、シクロスポリン、オクラシチニブ)を対象に、過去のエビデンスや筆者の経験を交えて、薬物の選択基準と使用法について解説します。
(協賛:エランコジャパン株式会社)
2月 8日(木) 皮膚科学 伊從慶太 皮膚病を扱う前に知っておきたい皮膚科の基礎の基礎(6回シリーズ):
E皮膚科的な食事の考え方
食事療法の効果を過小評価してませんか?
皮膚科で食事、というと食物アレルギーの診断のための除去食試験のイメージが強くあります。しかし、皮膚科の食事療法はこれだけではありません。皮膚を構成する要素の栄養の基礎は食事にあります。したがって、不適切な食事はアレルギー以外の皮膚トラブルを生むリスクが存在します。
本講演では食物アレルギーに対する除去食試験の最新アップデートをするとともに、アトピー性皮膚炎、脂漏症、脱毛症に対する効果的な食事療法について解説します。
(協賛:ロイヤルカナンジャポン)
[ お問合せ先 ]

日本臨床獣医学フォーラム事務局
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-21-5 ミサワビル2F
E-mail:honbu2@jbvp.org / FAX:03-6457-7803

JBVPレクチャーシリーズ大阪事務局:(レクチャーシリーズに関するお問い合わせ先)
マキノ動物病院 日向野泰志
〒573-1171 大阪府枚方市三栗2-14-1
TEL:072-868-3567
E-mail: higano24@ares.eonet.ne.jp
※お問合せはE-mailでお願いいたします。

諸事情により講義内容が変更・中止される場合があります。
尚,未定の講演内容については,随時日本臨床獣医学フォーラムのホームページでアップデートします。
ホームページをご確認いただくか,事務局にFAX、Emailにて講義予定をご確認ください。
PageTop
─
PRINT