JBVP 日本臨床獣医学フォーラム

日本臨床獣医学フォーラム

お問い合わせプライバシーポリシー

 
JBVPについて 年次大会 地区大会 獣医師向け レクチャーシリーズ 動物看護師向け ご家族向け WJVF
レクチャーシリーズ JBVPレクチャーシリーズ
─
JBVP
レクチャーシリーズ
・LS in 東京
・LS in 札幌
・LS in 仙台
・LS in 群馬
・LS in 長野
・LS in 静岡
・LS in 名古屋
・LS in 京都
・LS in 大阪
・LS in 広島
・LS in 四国
・LS in 福岡
・LS in 沖縄
・LS in Korea
動物看護師レクチャーシリーズ
2019年 東京レクチャーシリーズ開催予定
[ 主 催 ] 一般社団法人 日本臨床獣医学フォーラム(JBVP)
[ 日 時 ] 毎月第1,2,3,4水曜日 20:00-22:00(日程/内容が変更する場合がございます)
LSは獣医師向け,VNLSはVN向けの講義になりますが,
内容的には獣医師,VNともどちらにも参加可能です.
[ 場 所 ] 研究社英語センター B2F
東京都新宿区神楽坂1-2
(JR,地下鉄飯田橋駅下車 徒歩3分 外堀通り沿い 東京理科大学の隣)
こちらをご参照下さい
[ 講 師 ] 市川美佳(日本動物高度医療センター)
高木 哲(麻布大学)
戸田 功(とだ動物病院)
藤原亜紀(日本獣医生命科学大学)
松木直章(まつき動物病院)
宮川優一(日本獣医生命科学大学)
林宝謙治(埼玉動物医療センター)
(敬称略、50音順)
[ 受講方法 ] 受講希望の講義にいつでも参加することができます.
初回のみ受講申込書にご記入ください.
事前申込み、事前登録は必要ありません.
[ レクチャー参加費用 ] LS受講 1講義:3000円(ハンドアウト込み,入会金無料)

[開催日および講義内容]
東京LSの全てのプログラムは、獣医学生もVN専門学校の学生も参加可能です。

※ 開催日:◎宮川優一先生の講義は木曜日となります。

開催日 講座名 講師名
(敬称略)
講義内容
2019年
1月
23日 腫瘍学 高木 哲 <臨床獣医師のための腫瘍学徹底シリーズ >第10回 臨床獣医師が網羅すべき代表的腫瘍その3 胸腔編 前縦隔腫瘍、肺の腫瘍、心臓の腫瘍、悪性中皮腫
〜腫瘍外科のスペシャリストが教える診断のコツ、治療のポイント、落とし穴!〜
■高木 哲先生からのコメント

小動物臨床において胸腔内の腫瘍を診察する機会はあまり多くありません。
残念ながら演者個人もそれぞれの腫瘍について原発性腫瘍以外は あまり遭遇する機会は多くありませんが、呼吸循環という生命維持に重要な器官に発生するために診察や手術では様々なミスリーディングを徹底的に回避しなければいけません。
本講演では「経験があまりなかったから」では許されないキーとなるポイントや知っておいてもらいたい診断治療の基本的事項について整理したいと思います。

2月 6日 VN-LS 戸田 功 若い頃から始めたいホームデンタルケアの基本
■戸田 功先生からのコメント

動物看護師として、最低限知っていなければならないデンタルケアの基本をわかりやすく解説します。
まだまだ自己流で間違ったケアをしているご家族(飼い主さん)も多いので、正しいデンタルケアをご家族に指導してください。
ご家族からよく聞かれる歯科の質問とそれに対する答えを例をあげて説明します。
講演内容は、歯周病の基礎の基礎、間違えやすいデンタルケアのポイント、具体的な歯磨きの方法などです。

13日 内分泌学 松木直章 犬の甲状腺機能低下症と猫の甲状腺機能亢進症
21日(木) 泌尿器学 宮川優一 診察に必要なポイントはココ!〜尿石症の内科管理
■宮川優一先生からのコメント

尿石症の治療の中心は食事管理、そして外科。本当にそうなんでしょうか。犬や猫の尿石症は食事の問題によって発生しているのでしょうか。予防は食事管理で十分なんでしょうか。私が学生の時も尿石症は尿石症用療法食の種類や意義、使い方を中心に教えられました。外科的な摘出術やバイパス術は食事管理ではどうとしようもなさそうな状況で行われます。術後は再発の予防として療法食が処方されます。しかし、私が診療している中では、療法食で尿石症が予防できているという実感がほとんどありません。療法食の選択の問題なのか、もっと効果の高い療法食を期待すべきなのか、症例の体質(?)の問題なのか。この講演では、本当に考えるべき尿石症の治療と予防を提示していきたいと思います。

27日 腫瘍学 林宝謙治 <臨床獣医師のための腫瘍学徹底シリーズ >第11回 臨床獣医師が知っておくべき腹腔内腫瘍その1 脾臓腫瘤と血管肉腫
〜脾臓腫瘤が破裂した犬が来院した!さあどう対応する!〜
3月 6日 内分泌学 松木直章 猫の糖尿病と糖尿病性ケトアシドーシスの管理
13日 腫瘍学 市川美佳 <臨床獣医師のための腫瘍学徹底シリーズ >第12回 臨床獣医師が知っておくべき腹腔内腫瘍その2消化管の腫瘍(食道、胃、小腸、大腸)
〜消化管の腫瘍を見逃さないために知らなければいけないこと〜
20日 VN-LS 戸田 功 間違えやすい歯周病の予防と治療
■戸田 功先生からのコメント

動物看護師として、最低限知っていなければならない歯周病の予防と治療の概要をわかりやすく解説します。
歯石を取るだけのスケーリングや、ぐらついている歯を抜くだけだけでは不十分です。また、絶対にやってはいけない無麻酔スケーリングの理由も解説します。
その他、歯周病にならないための予防的な歯科処置や抜歯などの概要をわかりやすく解説します。

28日(木) 泌尿器学 宮川優一 診察に必要なポイントはココ!〜見直そう猫の下部尿路疾患
■宮川優一先生からのコメント

臨床現場において遭遇率が高い疾患の一つである猫の下部尿路疾患。疫学情報に不足する国内では、その実態を知っている獣医師は私を含めてほぼいないのではないでしょうか。猫の下部尿路疾患の中心は特発性膀胱炎になっています。古くから原因不明の下部尿路疾患は知られていました。この10年で原因不明だった疾患は、特発性膀胱炎と名付けられ、疾患概念が大きく変わっています。特発性膀胱炎を知っていると知らないとでは、治療管理に大きく差が出ます。もっと理解が広まってほしい疾患、最も知っていなければならない疾患、それが特発性膀胱炎だと思っています。この講演では、特発性膀胱炎を中心とした猫の下部尿路疾患の診断・治療に関して、知っておいてほしいことをお話しします。

(注:講義予定,講義内容は変更することがあります.
日本臨床獣医学フォーラム ウェブサイトでご確認いただくか,事務局にFAX,Emailにて講義予定をご確認下さい)
[ お問合せ先 ]

日本臨床獣医学フォーラム事務局
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-21-5 ミサワビル2F
E-mail:honbu2@jbvp.org / FAX:03-6457-7803

JBVPレクチャーシリーズ東京事務局:(レクチャーシリーズに関するお問い合わせ先)
おおむら動物病院 大村知之
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-30-9
E-mail:oomura@jbvp.org / FAX:0422-29-7886
※お問合せはFAXまたはE-mailでお願いいたします。

[会場のご案内] 研究社英語センター B2F
東京都新宿区神楽坂1-2
(JR,地下鉄飯田橋駅下車,徒歩3分,外堀通り沿い,東京理科大学の隣)
map
PageTop
─
PRINT