JBVP 日本臨床獣医学フォーラム

日本臨床獣医学フォーラム

お問い合わせプライバシーポリシー

 
JBVPについて 年次大会 地区大会 獣医師向け レクチャーシリーズ 動物看護師向け ご家族向け WJVF
レクチャーシリーズ JBVPレクチャーシリーズ
─
JBVP
レクチャーシリーズ
・LS in 東京
・LS in 札幌
・LS in 仙台
・LS in 群馬
・LS in 長野
・LS in 静岡
・LS in 名古屋
・LS in 京都
・LS in 大阪
・LS in 広島
・LS in 四国
・LS in 福岡
・LS in 沖縄
・LS in Korea
動物看護師レクチャーシリーズ
2019年 東京レクチャーシリーズ開催予定
[ 主 催 ] 一般社団法人 日本臨床獣医学フォーラム(JBVP)
[ 日 時 ] 毎月第1,2,3,4水曜日 20:00-22:00(日程/内容が変更する場合がございます)
LSは獣医師向け,VNLSはVN向けの講義になりますが,
内容的には獣医師,VNともどちらにも参加可能です.
[ 場 所 ] 研究社英語センター B2F
東京都新宿区神楽坂1-2
(JR,地下鉄飯田橋駅下車 徒歩3分 外堀通り沿い 東京理科大学の隣)
こちらをご参照下さい
[ 講 師 ]

2019年度 講師一覧
浅野和之(日本大学)
浅川 翠(どうぶつの総合病院)
石田卓夫(JBVP会長、赤坂動物病院)
小林哲也(公益財団法人 日本小動物医療センター附属日本小動物がんセンター)
下田有希(埼玉動物医療センター)
高木 哲(麻布大学)
畠中道昭(久米川みどり動物病院)
原田 慶(公益財団法人 日本小動物医療センター附属日本小動物がんセンター)
三輪恭嗣(みわエキゾチック動物病院)
林宝謙治(埼玉動物医療センター)
(敬称略、50音順)

[ 受講方法 ] 受講希望の講義にいつでも参加することができます.
初回のみ受講申込書にご記入ください.
事前申込み、事前登録は必要ありません.
[ レクチャー参加費用 ] LS受講 1講義:3000円(ハンドアウト込み,入会金無料)

[開催日および講義内容]
東京LSの全てのプログラムは、獣医学生もVN専門学校の学生も参加可能です。

開催日 講座名 講師名
(敬称略)
講義内容
11月 13日 臨床病理学 浅川翠 細胞診断の基本 体表マスを中心に 〜炎症と腫瘍の見分け方〜
■浅川翠先生からのコメント

わかっているようで、悩んでしまう細胞診、教科書のように見えてれば、簡単なのに・・・。
実際の症例では、どこをスライドのどこを観察したらいいの?から迷うこともありますよね。
今回の講義では、細胞診の基本を復習した後、顕微鏡下で撮影したビデオをつかってその場で診断していただきます!
自分だったらどうするか?と一緒に考えながら細胞診のプロセスを学ぶ体験型の講義です。
細胞診に自信がない方も、後輩指導にあたっている先生も、ぜひご参加ください。

20日 猫の内科学 石田卓夫 猫の腫瘍性疾患
協賛:東栄新薬株式会社
27日 VN-LS
腫瘍学
小林哲也 がん患者の栄養学〜がんの動物にどうやって何を食べさせればいいのかを知る〜
協賛:東栄新薬株式会社
12月 4日 腫瘍学 高木哲 臨床獣医師が知っておくべき肛門周囲に発生する腫瘍の知識
(肛門嚢腺癌、肛門周囲腺腫、肛門周囲腺上皮腫、肛門周囲腺癌)
協賛:東栄新薬株式会社
11日 臨床病理学 浅川翠 貯留液から得られる情報の重要性 〜生死の分かれ目を見逃さない!〜
■浅川翠先生からのコメント

溜まった胸水、腹水、抜くだけ抜いて、TPと比重を測って、細胞診を見て、うーん、と悩んでいませんか?
細胞数、測っていますか?慢性経過の貯留液もあるけれど、緊急手術が必要な、生死を分ける貯留液のトリアージ、できていますか?
本講義では、病院でやっておくべき貯留液のハンドリングと救急症例の見分け方を中心に講義します。

18日 VN-LS
腫瘍学
下田有希
林宝謙治
がん患者の痛みの管理 〜がんはなぜ痛いのか,痛みを軽減させる方法を理解する〜
2020年
1月
8日 VN-LS
外科学
畠中道昭 術前の準備、手術器具の種類とその使い方、後片付け
15日 腫瘍学 林宝謙治 臨床獣医師が知っておくべき組織球増殖性疾患の知識
22日 臨床病理学 浅川翠 細胞診アドバンス 〜円形細胞腫瘍の見分け方と鑑別疾患、骨髄検査〜
■浅川翠先生からのコメント

円形細胞腫瘍の鑑別を5つ!すぐに言える人も、言えない人も、細胞診好きな方をを対象に、リンパ腫、肥満細胞腫、組織球腫瘍など主要な円形細胞腫瘍のアップデートを行います。
細胞診で肥満細胞腫のグレードがわかれば、手術前に安心。
細胞診で診断できないリンパ腫って知っていますか?最近話題のTゾーン、マージナルゾーンリンパ腫も合わせてわかりやすく講義します。

29日 うさぎの臨床 三輪恭嗣 ウサギの歯科疾患の診断と治療
2月 5日 腫瘍学 原田慶 形質細胞の腫瘍をきちんと整理する
12日 VN-LS
外科学
畠中道昭 術前の動物の評価、動物の管理、術後の入院管理の注意点
19日 臨床病理学 浅川翠 臨床獣医師に役立つ目で見る腹腔内のマクロ病理診断学
〜その病変、今生検するべき?〜
■浅川翠先生からのコメント

日本で初公開、マクロ病理診断学の講義です!
手術で腹腔内を肉眼で観察する機会のある臨床医の先生を対象に、病理解剖症例から沢山学ばせていただいた病理医が、そのままにしておいていい偶発病変と、ほうっておいてはいけない生検するべき病変を講義します。
病変の部位、色、形、大きさ、数、質感で鑑別診断を考える方法を伝授します。

26日 うさぎの臨床 三輪恭嗣 ウサギの消化器疾患の診断と治療
3月 4日 腫瘍学 高木哲 臨床獣医師が知っておくべき骨と軟骨の腫瘍
11日 VN-LS
麻酔学
下田有希 動物看護師が知っておくべき麻酔管理の基本
18日 臨床病理学 浅川翠 細胞診の限界 〜病理組織検査が力を発揮する疾患〜
25日 うさぎの臨床 三輪恭嗣 ウサギの眼科疾患と皮膚疾患の診断と治療
協賛:千寿製薬株式会社
(注:講義予定,講義内容は変更することがあります.
日本臨床獣医学フォーラム ウェブサイトでご確認いただくか,事務局にFAX,Emailにて講義予定をご確認下さい)
[ お問合せ先 ]

日本臨床獣医学フォーラム事務局
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-21-5 ミサワビル2F
E-mail:honbu2@jbvp.org / FAX:03-6457-7803

JBVPレクチャーシリーズ東京事務局:(レクチャーシリーズに関するお問い合わせ先)
おおむら動物病院 大村知之
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-30-9
E-mail:oomura@jbvp.org / FAX:0422-29-7886
※お問合せはFAXまたはE-mailでお願いいたします。

[会場のご案内] 研究社英語センター B2F
東京都新宿区神楽坂1-2
(JR,地下鉄飯田橋駅下車,徒歩3分,外堀通り沿い,東京理科大学の隣)
map
PageTop
─
PRINT