JBVP 日本臨床獣医学フォーラム

日本臨床獣医学フォーラム

お問い合わせプライバシーポリシー

 
JBVPについて 年次大会 地区大会 獣医師向け レクチャーシリーズ 動物看護師向け ご家族向け WJVF
レクチャーシリーズ JBVPレクチャーシリーズ
─
JBVP
レクチャーシリーズ
・LS in 東京
・LS in 札幌
・LS in 仙台
・LS in 群馬
・LS in 長野
・LS in 静岡
・LS in 名古屋
・LS in 京都
・LS in 大阪
・LS in 広島
・LS in 四国
・LS in 福岡
・LS in 沖縄
・LS in Korea
動物看護師レクチャーシリーズ
2019年 東京レクチャーシリーズ開催予定
[ 主 催 ] 一般社団法人 日本臨床獣医学フォーラム(JBVP)
[ 日 時 ] 毎月第1,2,3,4水曜日 20:00-22:00(日程/内容が変更する場合がございます)
LSは獣医師向け,VNLSはVN向けの講義になりますが,
内容的には獣医師,VNともどちらにも参加可能です.
[ 場 所 ] 研究社英語センター B2F
東京都新宿区神楽坂1-2
(JR,地下鉄飯田橋駅下車 徒歩3分 外堀通り沿い 東京理科大学の隣)
こちらをご参照下さい
[ 講 師 ]

市川美佳(日本動物高度医療センター)
戸田 功(とだ動物病院)
松木直章(まつき動物病院)
宮川優一(日本獣医生命科学大学)
林宝謙治(埼玉動物医療センター)
(敬称略、50音順)

2019年度 講師一覧
浅野和之(日本大学)
浅川翠(どうぶつの総合病院)
石田卓夫(JBVP会長、赤坂動物病院)
市川美佳(日本動物高度医療センター)
江角真梨子(Vet Derm ToKyo)
神田聡子(Vet Derm ToKyo)
小林哲也(公益財団法人 日本小動物医療センター附属日本小動物がんセンター)
下田有希(埼玉動物医療センター)
高木哲(麻布大学)
中野優子(公益財団法人 日本小動物医療センター附属日本小動物がんセンター)
中村篤史(TRVA夜間救急動物医療センター)
畠中道昭(久米川みどり動物病院)
原田 慶(公益財団法人 日本小動物医療センター附属日本小動物がんセンター)
松木直章(まつき動物病院)
松山富貴子(公益財団法人 日本小動物医療センター附属日本小動物がんセンター)
村山信雄(犬と猫の皮膚科)
林宝謙治(埼玉動物医療センター)
(敬称略、50音順)

2020年度 講師一覧
浅川翠(どうぶつの総合病院)
下田有希(埼玉動物医療センター)
高木哲(麻布大学)
畠中道昭(久米川みどり動物病院)
原田 慶(公益財団法人 日本小動物医療センター附属日本小動物がんセンター)
三輪恭嗣(みわエキゾチック動物病院)
林宝謙治(埼玉動物医療センター)
(敬称略、50音順)

[ 受講方法 ] 受講希望の講義にいつでも参加することができます.
初回のみ受講申込書にご記入ください.
事前申込み、事前登録は必要ありません.
[ レクチャー参加費用 ] LS受講 1講義:3000円(ハンドアウト込み,入会金無料)

[開催日および講義内容]
東京LSの全てのプログラムは、獣医学生もVN専門学校の学生も参加可能です。

※ 開催日:◎宮川優一先生の講義は木曜日となります。

開催日 講座名 講師名
(敬称略)
講義内容
3月 20日 VN-LS 戸田 功 間違えやすい歯周病の予防と治療
協賛:DSファーマアニマルヘルス株式会社
■戸田 功先生からのコメント

動物看護師として、最低限知っていなければならない歯周病の予防と治療の概要をわかりやすく解説します。
歯石を取るだけのスケーリングや、ぐらついている歯を抜くだけだけでは不十分です。また、絶対にやってはいけない無麻酔スケーリングの理由も解説します。
その他、歯周病にならないための予防的な歯科処置や抜歯などの概要をわかりやすく解説します。

28日(木) 泌尿器学 宮川優一 診察に必要なポイントはココ!〜見直そう猫の下部尿路疾患
協賛:アークレイマーケティング株式会社
■宮川優一先生からのコメント

臨床現場において遭遇率が高い疾患の一つである猫の下部尿路疾患。疫学情報に不足する国内では、その実態を知っている獣医師は私を含めてほぼいないのではないでしょうか。猫の下部尿路疾患の中心は特発性膀胱炎になっています。古くから原因不明の下部尿路疾患は知られていました。この10年で原因不明だった疾患は、特発性膀胱炎と名付けられ、疾患概念が大きく変わっています。特発性膀胱炎を知っていると知らないとでは、治療管理に大きく差が出ます。もっと理解が広まってほしい疾患、最も知っていなければならない疾患、それが特発性膀胱炎だと思っています。この講演では、特発性膀胱炎を中心とした猫の下部尿路疾患の診断・治療に関して、知っておいてほしいことをお話しします。

4月 3日 腫瘍学 小林哲也 犬のリンパ腫2019基本からアップデートまでをしっかり抑える
10日 内分泌学 松木直章 犬の糖尿病とインスリノーマ(低血糖の鑑別診断込む)
協賛:アークレイマーケティング株式会社
■松木直章先生からのコメント

犬の糖尿病治療は、猫の糖尿病に比較すると容易であると思われているかもしれません。しかし、犬では体格の大小によってインスリンの作用時間が大きく異なること、食後の高血糖を起こしやすいこと、白内障などの糖尿病合併症の進行が速いことから、猫以上に繊細なインスリンの選択が求められます。本セミナーではポータブル血糖測定器や連続血糖測定器などのツールも紹介し、最適な治療に早く持ちこむ方法を解説します。
犬では、インスリノーマや膵外腫瘍による低血糖症がしばしば認められます。これらの鑑別診断と治療についても解説します。

17日 VN-LS
皮膚病学
江角真梨子 実践!明日から役立つスキンケア1.皮膚と被毛の働きと最新のスキンケア
■江角真梨子先生からのコメント

動物病院において、最も多い来院数と言われている皮膚病。 皮膚病には、犬アトピー性皮膚炎、脂漏症と言った生涯の管理が必要な疾患も多く、長くお付き合いしなくてはならないことが多いです。日常の皮膚のケアとして、スキンケアが注目されていますが、いかに獣医師と動物看護師が連携をとりご家族への指導やサポートができるかが、スキンケアの成功の秘訣考えます。
今回、動物看護師の皆さんに取り組んでいただきたい皮膚病チーム医療を皮膚の基礎から最新のスキンケア情報を織り交ぜながらお話したいと思います。

24日 猫の内科学 石田卓夫 猫の臨床病理学(血液学および血液化学検査)
5月 8日 腫瘍学 中野優子 猫のリンパ腫2019基本からアップデートまでをしっかり抑える
15日 VN-LS
皮膚病学
江角真梨子 実践!明日から役立つスキンケア2.皮膚病と薬用シャンプーの使い分け
■江角真梨子先生からのコメント

気温が上昇してくると、動物病院においてはマラセチア性皮膚炎や膿皮症といった皮膚病の受診率が多くなってきます。そんな時、動物病院においては、薬用シャンプーを処方する機会も増えてきます。動物看護師の皆さんがシャンプーの指導の際には、界面活性剤の種類や成分、皮膚病ついて理解をすることが重要です。本講演においては、夏場に多い皮膚病と薬用シャンプーを使用する際に知っておいてほしい注意点やポイントについて解説します。皮膚病が本格的になるシーズンに徹底的に予習しておきましょう。

22日 猫の内科学 石田卓夫 猫の感染症
協賛:東栄新薬株式会社
29日 内分泌学 松木直章 高カルシウム血症と低カルシウム血症
■松木直章先生からのコメント

高カルシウム血症の原因として、犬では悪性腫瘍、猫では特発性高カルシウム血症が最もポピュラーです。本セミナーの前半では高カルシウム血症の鑑別診断と治療について説明します。
低カルシウム血症は、高カルシウム血症と比較して出会うことは稀ですが、放置すればテタニーや心停止に陥ることもあり、鑑別診断と慎重な治療が必要です。また、近年では蛋白漏出性腸症に伴う低マグネシウム血症と低カルシウム血症が知られるようになっており、これについても説明します。

6月 5日 日本ヒルズ・コルゲート(株)協賛特別レクチャーシリーズ ※参加費無料
講師:村山信雄先生(犬と猫の皮膚科)
テーマ:「臨床皮膚科診療の引き出しを増やす!」
内容:〜ゴハンがかわる、ゴハンでかわる〜 皮膚科における食事の立ち位置
12日 腫瘍学 林宝謙治 臨床獣医師が知っておくべき体表に発生する腫瘍その1
犬と猫の肥満細胞腫〜治せる症例をしっかり治すための知識を身につける!
協賛:東栄新薬株式会社
19日 VN-LS
皮膚病学
神田聡子 実践!明日から役立つスキンケア3.皮膚病と療法食の使い分け
26日 猫の内科学 石田卓夫 猫の肝疾患
協賛:東栄新薬株式会社
7月 3日 救急獣医学 中村篤史 猛暑体験から熱中症を考える
10日 内分泌学 松木直章 犬と猫のクッシング症候群
■松木直章先生からのコメント

クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)は犬ではポピュラーな疾患であり、診断法や治療法もほぼ確立されています。それとともに、最近では犬のクッシング症候群の過剰診断(誤診)や、不用意な治療による有害事象も目立つようになっています。クッシング症候群の診断にあたってはまず臨床症状を確認することが大切で、必ず全身状態を把握して治療を進める必要があります。
猫のクッシング症候群は稀な疾患ですが、インスリン抵抗性糖尿病の鑑別疾患として重要です。本セミナーでは猫のクッシング症候群についても触れます。

17日 腫瘍学 高木哲 臨床獣医師が知っておくべき体表に発生する腫瘍その2
軟部組織肉腫、脂肪由来腫瘍〜どこまで切るのか?取れないときはどうするのか?を知る!
24日 猫の内科学 石田卓夫 猫の腎疾患
8月 7日 VN-LS
救急獣医学
中村篤史 救急疾患の初期対応〜電話応対、受付・待合室での対処(トリアージ)
21日 腫瘍学 市川美佳 臨床獣医師が知っておくべき体表に発生する腫瘍その3
犬と猫の乳腺腫瘍〜症例の予後を台無しにしないための知識を身につける!
協賛:東栄新薬株式会社
28日 猫の内科学 石田卓夫 猫の消化器疾患
9月 4日 腫瘍学 浅野和之 臨床獣医師が知っておくべき腹腔内腫瘍その3 肝臓腫瘍、膵臓腫瘍
〜経過観察?手術適応?内科治療???? 正しく判断できるようになる!
11日 内分泌学 松木直章 アジソン病と内分泌疾患のレアケース
■松木直章先生からのコメント

内分泌シリーズ最終回は、アジソン病とまれな内分泌疾患について触れます。犬のグルカゴノーマ、猫の高アルドステロン血症を伴う副腎腫瘍(Conn症候群)などについて解説する予定です。

18日 VN-LS
腫瘍学
原田慶 動物看護師のための抗がん剤のお話
〜抗がん剤の適応、取り扱い、副作用、暴露のリスクをきちんと理解する〜
10月 2日 猫の内科学 石田卓夫 猫の内分泌疾患1(糖尿病)
9日 腫瘍学 浅野和之 臨床獣医師が知っておくべき腹腔内腫瘍その4 泌尿器系の腫瘍(膀胱、前立腺、尿道)
〜経過観察?手術適応?内科治療????正しく判断できるようになる!
16日 臨床病理学 浅川翠 (未定)
23日 VN-LS
腫瘍学
松山富貴子 動物看護師が知っておくべきがん患者の体調の変化 〜腫瘍随伴症候群を理解する〜
30日 猫の内科学 石田卓夫 猫の内分泌疾患2(甲状腺,副甲状腺,副腎)
11月 6日 腫瘍学 浅野和之 臨床獣医師が知っておくべき腹腔内腫瘍その6 その腎臓と副腎の腫瘍
〜経過観察?手術適応?内科治療???? 正しく判断できるようになる!
13日 臨床病理学 浅川翠 (未定)
20日 猫の内科学 石田卓夫 猫の腫瘍性疾患
協賛:東栄新薬株式会社
27日 VN-LS
腫瘍学
小林哲也 がん患者の栄養学〜がんの動物にどうやって何を食べさせればいいのかを知る〜
12月 4日 腫瘍学 高木哲 臨床獣医師が知っておくべき肛門周囲に発生する腫瘍の知識
(肛門嚢腺癌、肛門周囲腺腫、肛門周囲腺上皮腫、肛門周囲腺癌)
11日 臨床病理学 浅川翠 (未定)
18日 VN-LS
腫瘍学
下田有希
林宝謙治
がん患者の痛みの管理 〜がんはなぜ痛いのか,痛みを軽減させる方法を理解する〜
2020年
1月
8日 VN-LS
外科学
畠中道昭 術前の準備、手術器具の種類とその使い方、後片付け
15日 腫瘍学 林宝謙治 臨床獣医師が知っておくべき組織球増殖性疾患の知識
22日 臨床病理学 浅川翠 (未定)
29日 うさぎの臨床 三輪恭嗣 ウサギの歯科疾患の診断と治療
2月 5日 腫瘍学 原田慶 形質細胞の腫瘍をきちんと整理する
12日 VN-LS
外科学
畠中道昭 術前の動物の評価、動物の管理、術後の入院管理の注意点
19日 臨床病理学 浅川翠 (未定)
26日 うさぎの臨床 三輪恭嗣 ウサギの消化器疾患の診断と治療
3月 4日 腫瘍学 高木哲 臨床獣医師が知っておくべき骨と軟骨の腫瘍
11日 VN-LS
麻酔学
下田有希 動物看護師が知っておくべき麻酔管理の基本
18日 臨床病理学 浅川翠 (未定)
25日 うさぎの臨床 三輪恭嗣 ウサギの眼科疾患と皮膚疾患の診断と治療
(注:講義予定,講義内容は変更することがあります.
日本臨床獣医学フォーラム ウェブサイトでご確認いただくか,事務局にFAX,Emailにて講義予定をご確認下さい)
[ お問合せ先 ]

日本臨床獣医学フォーラム事務局
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-21-5 ミサワビル2F
E-mail:honbu2@jbvp.org / FAX:03-6457-7803

JBVPレクチャーシリーズ東京事務局:(レクチャーシリーズに関するお問い合わせ先)
おおむら動物病院 大村知之
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-30-9
E-mail:oomura@jbvp.org / FAX:0422-29-7886
※お問合せはFAXまたはE-mailでお願いいたします。

[会場のご案内] 研究社英語センター B2F
東京都新宿区神楽坂1-2
(JR,地下鉄飯田橋駅下車,徒歩3分,外堀通り沿い,東京理科大学の隣)
map
PageTop
─
PRINT