JBVP 日本臨床獣医学フォーラム

日本臨床獣医学フォーラム

お問い合わせプライバシーポリシー

 
JBVPについて 年次大会 地区大会 獣医師向け レクチャーシリーズ 動物看護師向け ご家族向け WJVF
レクチャーシリーズ JBVPレクチャーシリーズ
─
JBVP
レクチャーシリーズ
・LS in 東京
・LS in 札幌
・LS in 仙台
・LS in 群馬
・LS in 長野
・LS in 静岡
・LS in 名古屋
・LS in 京都
・LS in 大阪
・LS in 広島
・LS in 四国
・LS in 福岡
・LS in 沖縄
・LS in Korea
動物看護師レクチャーシリーズ
2019年 東京レクチャーシリーズ開催予定
[ 主 催 ] 一般社団法人 日本臨床獣医学フォーラム(JBVP)
[ 日 時 ] 毎月第1,2,3,4水曜日 20:00-22:00(日程/内容が変更する場合がございます)
LSは獣医師向け,VNLSはVN向けの講義になりますが,
内容的には獣医師,VNともどちらにも参加可能です.
[ 場 所 ] 研究社英語センター B2F
東京都新宿区神楽坂1-2
(JR,地下鉄飯田橋駅下車 徒歩3分 外堀通り沿い 東京理科大学の隣)
こちらをご参照下さい
[ 講 師 ]

2019年度 講師一覧
浅川 翠(どうぶつの総合病院)
下田有希(埼玉動物医療センター)
高木 哲(麻布大学)
畠中道昭(久米川みどり動物病院)
原田 慶(公益財団法人 日本小動物医療センター附属日本小動物がんセンター)
三輪恭嗣(みわエキゾチック動物病院)
林宝謙治(埼玉動物医療センター)
(敬称略、50音順)

[ 受講方法 ] 受講希望の講義にいつでも参加することができます.
初回のみ受講申込書にご記入ください.
事前申込み、事前登録は必要ありません.
[ レクチャー参加費用 ] LS受講 1講義:3000円(ハンドアウト込み,入会金無料)

[開催日および講義内容]
東京LSの全てのプログラムは、獣医学生もVN専門学校の学生も参加可能です。

※3/4に予定しておりました「腫瘍学・高木先生」の講義は1/15に変更となりました。
 1/15の「腫瘍学・林宝先生」は3/4に開催いたします。

開催日 講座名 講師名
(敬称略)
講義内容
2020年
1月
15日 腫瘍学 高木哲 臨床獣医師が知っておくべき骨と軟骨の腫瘍
協賛:東栄新薬株式会社
■高木哲先生からのコメント

大型犬が多い欧米では骨の腫瘍は非常に一般的ですが本邦では比較的まれな腫瘍です(と私は思っています)。
そのため、診断治療に関するエビデンスは多くありますがそれをいかに使いこなすかについて日本の獣医師はトレーニングがやや不足しています。
そこで今回は忘れたころにやってくる骨格系の腫瘍について知識を整理し、実践に向けた内容をお話しします。

22日 臨床病理学 浅川翠 細胞診アドバンス 〜円形細胞腫瘍の見分け方と鑑別疾患、骨髄検査〜
■浅川翠先生からのコメント

円形細胞腫瘍の鑑別を5つ!すぐに言える人も、言えない人も、細胞診好きな方をを対象に、リンパ腫、肥満細胞腫、組織球腫瘍など主要な円形細胞腫瘍のアップデートを行います。
細胞診で肥満細胞腫のグレードがわかれば、手術前に安心。
細胞診で診断できないリンパ腫って知っていますか?最近話題のTゾーン、マージナルゾーンリンパ腫も合わせてわかりやすく講義します。

29日 うさぎの臨床 三輪恭嗣 ウサギの歯科疾患の診断と治療
■三輪恭嗣先生からのコメント

みなさんご存じのように犬猫やヒトと違ってウサギの歯は生涯にわたって伸び続けます。どの歯がどのくらいの速度で伸びるのか、なぜウサギは歯の疾患が多いのか、ウサギの歯の特徴は?歯科疾患でみられる症状や診断、治療や予後はどうなのか?エキゾの中でも来院数の多いウサギでよくみられる疾患として歯科の問題を取り上げ講義します。

2月 5日 腫瘍学 原田慶 形質細胞の腫瘍をきちんと整理する
協賛:東栄新薬株式会社
■原田慶先生からのコメント

形質細胞の腫瘍について臨床医として知っておくべき内容をお話しします。
・案外シンプルな形質細胞性腫瘍の分類
・まれだけど特徴的なポイントに溢れた多発性骨髄腫の診断+α
・良く遭遇するけど切って終わりでよいの?髄外性形質細胞腫
・猫の形質細胞性腫瘍
普段勉強することの少ない形質細胞性腫瘍について一気にレビューしましょう!

12日 VN-LS
外科学
畠中道昭 術前の動物の評価、動物の管理、術後の入院管理の注意点
19日 臨床病理学 浅川翠 臨床獣医師に役立つ目で見る腹腔内のマクロ病理診断学
〜その病変、今生検するべき?〜
■浅川翠先生からのコメント

日本で初公開、マクロ病理診断学の講義です!
手術で腹腔内を肉眼で観察する機会のある臨床医の先生を対象に、病理解剖症例から沢山学ばせていただいた病理医が、そのままにしておいていい偶発病変と、ほうっておいてはいけない生検するべき病変を講義します。
病変の部位、色、形、大きさ、数、質感で鑑別診断を考える方法を伝授します。

26日 うさぎの臨床 三輪恭嗣 ウサギの消化器疾患の診断と治療
■三輪恭嗣先生からのコメント

ウサギは完全な草食動物です。消化・吸収しにくく栄養価の低い草を食事として選択した完全草食動物のウサギは犬猫とは異なる特徴的な消化機能を有し、そのため、消化器疾患の診断や治療も犬猫とは異なります。ウサギの消化器の特徴を解剖と生理から理解し、ウサギでよくみられる消化器疾患の診断と治療について詳しく講義します。

3月 4日 腫瘍学 林宝謙治 臨床獣医師が知っておくべき組織球増殖性疾患の知識
協賛:東栄新薬株式会社
11日 VN-LS
麻酔学
下田有希 動物看護師が知っておくべき麻酔管理の基本
18日 臨床病理学 浅川翠 細胞診の限界 〜病理組織検査が力を発揮する疾患〜
25日 うさぎの臨床 三輪恭嗣 ウサギの眼科疾患と皮膚疾患の診断と治療
協賛:千寿製薬株式会社
■三輪恭嗣先生からのコメント

ウサギの眼に膜ができた?ウサギの皮膚が非常に硬い?知っているようで知らない、ウサギの眼と皮膚の特徴を犬猫との比較を中心に紹介した後、ウサギでみられる主な眼科疾患と皮膚疾患をいくつか取り上げ、その診断と治療、予後について詳しく説明します。

(注:講義予定,講義内容は変更することがあります.
日本臨床獣医学フォーラム ウェブサイトでご確認いただくか,事務局にFAX,Emailにて講義予定をご確認下さい)
[ お問合せ先 ]

日本臨床獣医学フォーラム事務局
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-21-5 ミサワビル2F
E-mail:honbu2@jbvp.org / FAX:03-6457-7803

JBVPレクチャーシリーズ東京事務局:(レクチャーシリーズに関するお問い合わせ先)
おおむら動物病院 大村知之
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-30-9
E-mail:oomura@jbvp.org / FAX:0422-29-7886
※お問合せはFAXまたはE-mailでお願いいたします。

[会場のご案内] 研究社英語センター B2F
東京都新宿区神楽坂1-2
(JR,地下鉄飯田橋駅下車,徒歩3分,外堀通り沿い,東京理科大学の隣)
map
PageTop
─
PRINT